nanaでlalala…~弾き語りおやじの独り言~

iphoneアプリ「nana」のことやDTMのことなど徒然に・・

素敵なnanaユーザーさんの音源を動画化しました。
https://youtu.be/WVQ8yQ9zblk
https://youtu.be/b9wIFWl7rYs

札幌周辺のnanaユーザーの皆さんに朗報です。
先日、私がいつもDTM関係の機材を購入している札幌市内の島村楽器パルコ店さんに行き、いつもお世話になっている店員さんと機材関係のお話をしている時に、偶然nanaの話題になりました。
島村楽器さんはnanaと提携しているので、東京の新宿とかではお店にnanaコーナーがありますとお話しすると、興味を持って頂きました。
そして、その店員さんから「nanaコーナーを作ったので見に来てください。」と連絡が入り、今日早速のぞいてみました。

1

楽器店ですから、もちろんnanaの録音機材関係のコーナーです。
ここに展示されている機材は、店員さんにお願いすれば、ユーザーさんの端末を持ち込んで店内のスタジオで試用ができるそうです。
また、オーディオインターフェイスやマイクなどの相談にも、きっと乗ってくれると思います。

そんな中、私が今日一番の興味を持ったのが、RolandのVE1というボーカルプロセッサーです。

2

これは何かというと、マイクとオーディオインターフェイスの間に接続するリバーブ(エコー)です。
以前からnanaのリバーブは深すぎて、私はほとんど使うことはありませんし、レビューでも掛かり具合を調整できるようにして欲しいというコメントもちらほら見かけます。

話を元に戻しますが、この機器を使うとリバーブの種類と掛かり具合を調節して録音することができます。
それなりの値段(16000円くらい)はしますが、nanaだけではなく、色々な録音に使うことができますし、PC用のみですがのオーディオインターフェイスにもなるので、ボーカルの方にはおすすめです。
詳しくは、店員さんにお聞きください。

そしてもう一つ、7月くらいに、このお店で録音関係のイベントを企画しようかというお話なりました。
私もお手伝いさせて頂くことになりそうです。
まだまだ計画段階ですが、今までこのような企画は東京だけでしたので、札幌周辺の方が対象になりますが、地方のユーザーさん向けのイベントが開催されるというのは、とてもうれしいですね。

ゆくゆくは、DTMユーザーさんにも参加して頂いて…などと色々とお話をしてお店を後にしてきました。

それでは、また…

最近、このブログに
 ~歌の録音がうまくできない 
 ~オーディオインターフェイスとダイナミックマイクを買ったけど、声がこもって聞こえる
などのご質問が続いたので、おさらいの意味を込めて、nanaで歌を録音するの色々方法を比較してみたいと思います。
また、「なぜ、声がこもるのか?」についても実験してみました。


ところで、私はこれまでにコラボする時の伴奏の探し方なんかも、過去記事で書いていましたが過去記事はnanaのバージョンが古いので、確認の意味でそこから書いてみます。

まず、nanaで歌を録音する時は、歌いたい曲の伴奏を探します。
ホーム画面から右上の虫メガネのアイコンをタップします。

検索1


検索画面に変わりますので、探したい曲を入力し、その下の検索の種類は、曲名検索を選択します。

検索2-1


検索結果の画面が表示されるので、伴奏だけを検索するため、再度右上の鍵盤アイコンをタップします。

検索3-1

すると、メニューが出てくるので「伴奏のみ検索」を選択します。

検索4-1


これで、探した曲の伴奏だけが表示されます。
ただ、最近は純粋な伴奏でないのに投稿する時にDTMアイコンなどを選択して投稿し、この伴奏検索に引っかかるようにしてるユーザーもいます。
ハモりパートを入れた時にこれを使うユーザーが多いような気がするので、エアハモのアイコンを新設した方がいいかもしれませんね。

検索5

ここで、歌いたい伴奏を選択します。

検索6

すると、そのサウンドの詳細画面に変わるので、左下のコラボアイコンをタップします。

録音1-1

ここで、注意画面が出てくるので「OK」を選択します。

録音2

さて、ここからが録音画面です。
録音する時の基本は、どんなマイクを使っても同じで、マイクのイラストの下にある録音レベルを調整するスライダーを動かしながらマイクに向かって声を出して録音ボタンの横にあるインジケーターのランプを見ながら録音レベルを決めます。
ちなみに、このスライダーは右に動かすと録音レベルが大きくなります。

私はいつも「-6」くらいを上限にして録音してます。

録音3-1



さて、いよいよ本題ですが、一般的にnanaで歌を録音するときは
 1 イヤフォンマイクを使って録音
 2 モニター用のイヤフォンやヘッドフォンを使ってスマホの内蔵マイクで録音
 3 オーディオインターフェイスとダイナミックマイクやコンデンサーマイクを接続して録音
の3種類が考えられ、普通の方は、1か2だと思います。

まずお断りしておきますが、私はiphoneしか持っていないのでそちらを中心に書きます。

まず最初に1の方法です。
iphoneには、純正のイヤフォンマイクが付属しているので、それを使います。
今回私のiphone6付属の純正イヤーパッドを使いましたが、結構性能はいいです。
このイヤーパッドは、右耳のイヤフォンの下にマイク付きのコントローラーがあり、このコントローラーのマイクマークがついている方がマイクになっています。
※ 反対(+-がついている方)でも録音できました。

イヤフォンマイク

このイヤフォンマイクの欠点は、
○ イヤフォンを両耳に装着した状態ではベストなマイクセッティングができないこと
○ あらかじめマイクを持つ指を固定しなければ、録音の時に「カサカサ…」とゴキブリが走るような雑音が入ること
です。

これを使って録音する時、私がベストだと思った方法は、
イヤフォンを左だけ耳に装着して伴奏をモニターして、
右耳用(マイクがついている方)は耳から外し、
あらかじめマイクの部分を指で固定して、(ゴキブリが走らないように)
口から15~20センチくらい離した位置でマイクに向かって歌う
ことです。
※音源は後ほど…

この距離はそれぞれユーザーさんの声質によって変わりますが、
私の感覚では口とマイクの距離が10センチ以内になると、
息がかかって雑音になるのと、音がこもります。


次に、2の内蔵マイクを使って録音する方法です。
まず内蔵マイクを使って録音するためには、モニター用のイヤフォンが必要です。

ここで、ほとんどの方が一度は失敗するのが、モニター用のイヤフォンにマイク付きイヤフォンを使ってしまうことです。

iphoneを含めスマホは、
マイク付きイヤフォン(1で使ったもの)を接続すると、
内蔵マイクは機能せず、
接続されたイヤフォンのマイクで録音されてしまいます。

これを使って録音されたユーザーさんが、なぜ内蔵マイクに向かって録音しているのに、音が変?
と言われる方が、結構いました。

ですので、安くてもかまいませんので、マイクやコントローラーのついていない、普通のステレオイヤフォンをモニター用として用意してください。

ちなみに、こんなので十分です。

家電量販店にもあると思います。

さて、内蔵マイクで録音する時のセッティングですが、
イヤフォンマイクと同じようにマイクに近すぎると、
息が強調されてノイズになったり
音がこもったりするので

イヤフォンマイク同様に15センチくらい離すのが良いと思います。
これも、声質により変わりますので目安です。
ただマイクの指向から外れても、音がこもったり遠く聞こえたりするので、マイクの穴が見えるけど、直接息がかからない微妙なセッティングが必要です。

ちなみに、私は、こんな感じ(私の目線で)がベストだと思いました。
マイクまでの距離は20センチ弱くらいです。
※ 音源はのちほど

内蔵マイク


最後に、3の方法です。
オーディオインターフェイスについては、
http://nana-hikigatarioyaji.blog.jp/archives/41519467.html
を参考にしてください。

今回使用したオーディオインターフェイスは、こちらです。
http://nana-hikigatarioyaji.blog.jp/archives/44263016.html

マイクは、SHURE BETA57Aというダイナミックマイクです。

57b

このマイクは、楽器用のマイクですが、一応用途にはボーカルも入っています。
そして、1、2と同じなのは、
マイクに近づきすぎない!
ということです。
通常は10~20センチくらいでしょうか。

このマイクは手持ちしてもいいとは思いますが、マイクとの距離を保ったりするためのにマイクスタンドがあればいいと思います。
もう一つ、ボーカル録音には必須のポップガードがあればベストです。
これは、私が普段使っているやつです。
PG

ポップガードがあれば、マイクと口の距離を一定に保つことができます。
ダイナミックマイク

オーディオインターフェイスとマイクを使って録音する時は、nanaの録音レベルのほかに、オーディオインターフェイスの音のレベルを設定しなければなりません。
特に難しくはありません。
マイクに向かって声を出しながら、オーディオインターフェイスの録音ゲインのつまみを回して、PEAKランプが赤く点灯しないように調整します。
レベルは小さくてもだめ、大きくてもダメ(PEAKランプが点灯するくらい)
で、大雑把ですがPEAKランプが点灯する大きさの8~9割くらいがベストです。
AIF

ここが決まると、1、2と同じように、今度はnanaの録音画面で「-6」付近になるように調整して録音します。

さて、ここから録音音源の比較をしましょう。

歌は、最初のワンフレーズしか歌ってません。
録音の音質を聴くためにノンエフェクトにしています。
はっきり言ってテスト用ですので、そのへんはご理解ください。
この曲、微妙に難しい…(^_^;)

まずは、1、2、3の違いを聴いてください。

1 イヤフォンマイク
  iphone純正イヤーパッド使用
  口とマイクは約20センチ
 http://hibari.nana-music.com/w/player/0131cc10/ 

2 iphone内蔵マイク
  口とマイクは約20センチ
 http://hibari.nana-music.com/w/player/013199d4/ 
 
3 ダイナミックマイク(オーディオインターフェイス使用)
  口とマイクは約10センチ
 http://hibari.nana-music.com/w/player/0131af4e/

今回、iphone純正のイヤフォンマイクを使ってみて、予想以上の音質でしたが、内蔵マイクと比べると中低音が寂しいですね。

iphoneの内蔵マイクは、時々使っていますが、イヤフォンマイクよりは音に厚みはありますが、どうしても通話用マイクなので音のレンジは狭いですね。

ダイナミックマイクは、オーディオインターフェイスのマイクプリアンプで音質は変わりますが、1、2と比べて音のレンジが広くさすがですね。


次に、これまで
マイクに近づきすぎると音がこもる
と書いていますが、口とマイクの距離でどんな風に音が変わるか、3のダイナミックマイクでテストしてみたので聴いてみてください。

まず、カラオケで歌う人によく見られる、ほとんどマイクに口がくっつくくらい(2~3センチ以内)
http://hibari.nana-music.com/w/player/0131afcf/

こもっていますね~。

次に、ポップガードで5センチの距離(上の写真)をとったもの
http://hibari.nana-music.com/w/player/0131ae82/

5センチ離すだけでだいぶん違いますよね。

そして先ほどの口とマイクを10センチ離したもの
http://hibari.nana-music.com/w/player/0131af4e/

口とマイクが離れているのに声が大きく聞こえるのは、距離を離した分だけオーディオインターフェイスの録音ゲインを上げて調節しているからです。

この3つの録音を聴いて頂いたらおわかりだと思いますが、マイクに近づきすぎると低音が強調されて、音がこもってしまいます。
これは、イヤフォンマイクでも内蔵マイクでも同じことです。

ですので口がマイクに近すぎると
歌を録音した時に声がこもって聞こえる原因の一つに
なりますので、
最低でも10センチは離すようにした方がいいと
思います。

もう一つ書きたいことがあるのですが、また次回に…

それでは、また…

発表されたときから、これは!と思っていたiRig Acousticを手に入れて、
実際にどんな音がするのか
録音機材として使えるのか
をテストしてみました。

1
3



テスト内容は、アコースティックギターを弾いた音を、iRig Acousticと同時に、コンデンサーマイクとオーディオインターフェイスを使用して録音してその音を比べてみました。

iRig Acousticのスペックなどは、こちらを参照してください。
http://www.ikmultimedia.com/jp/products/irigacoustic/

同時に録音で使ったマイクは
audio-echnica AT-4040
です。

AT4040



録音方法は、iRig AcousticとiPhoneを接続し、iRig Acousticのモニター端子出力とマイク出力をオーディオインターフェイスに入力し、DAW(Pro Tools)で録音しました。

14


15


使用したオーディオインターフェイスは
Focusrite Forte
です。
12



今回の録音ソースに使用したギターは、
Martin D-41です。

4


iRigは、ギターのサウンドホールに取り付け、マイクは、ギターから25cmくらいで13~14フレットあたりを狙いました。
8

9


この状態で、

○ 指弾きのアルペジオからストローク
○ ピック弾きのアルペジオからストローク

の2種類をテストしました。

まずは、指弾きのマイク録音です。


次に、指弾きのiRig Acoustic録音です。



続いてピック弾きのマイク録音です。



最後にピック弾きのiRig Acoustic録音です。


いかがでしょうか?

音は好き好きがあるので、こうだとは言い切れませんが、正直、ここまでの音が出るとは期待していませんでした。

個人的な感想としては、マイク録りと比べてとても中音域が膨らんでいて、暖かみのある音になっていますね。
その反面、膨らみすぎてボワボワした音になりやすいので、この音を使うときは、EQで少し削ってやる必要がありますね。

勘違いされている方もいるかもしれませんが、このiRig Acousticは、ピエゾやハムバッカーといったピックアップタイプではなく、マイク録音なんです。

ただし、iRig Acousticから音は一旦、iPhoneやiPadなどの端末にインストールした専用のアプリAmpli Tube Acousticを使用しなければ、この音は出ません。

マイク録りの音と比べると、音のベースは変わっていないので、100パーセントモデリングの音とも違うような気がします。

中には、今回は私が使用したマイクやオーディオインターフェイスがiRig Acousticて比較して貧弱な物だからなのではと思う方もいると思いますが、今回、私が使用した機材をネットで検索していただければ、どの程度のものかわかると思います。

マイクは今でもプロのスタジオで使っている方もいますし、オーディオインターフェイスもプロ用ではありませんが、中級機だと思っています。

さて、次に、私が普段使っている音楽アプリnanaでこのiRig Acousticが使えるのか?ということですが、私の機材環境では使えますが、普通にiPhoneしか持っていない方は、はっきり言って使えません。

このiRig Acousticを使うためには、先ほど言ったアプリAmpli Tube Acoustic
http://www.ikmultimedia.com/jp/products/acousticios/
が必要になります。

つまり、iPhoneはこのアプリでつかってしまうため、さらにもう1台のiPhoneかiPadとiOS用のオーディオインターフェイスが必要になります。

ただし、将来的にnanaがガレージバンドなどと同じようにInter-App Audio対応になれば、iPhone1台で両方のアプリを立ち上げ、Ampli Tube Acousticの音を直接nanaに録音することができるのですが....
おそらく現状では、ほぼ可能性はゼロだと思っています。

そんなことで、私は現在iPhoneとiPad(嫁さんのお下がり)とiOS用のオーディオインターフェイスを持っているので、これを使ってnanaに投稿してみました。
 http://hibari.nana-music.com/wp/00e529e5/

ちなみに、nanaに直接iRig Acousticの音を録音してできないことはないのですが、こんな音になってしまうので、事実上は無理ですよね。(^_^;)
 http://hibari.nana-music.com/wp/00e522ce/

そんなことで、いつかnanaがInter-App Audio対応になることを夢見て、今日はこの辺で

それでは、また...

↑このページのトップヘ