nanaでlalala…~弾き語りおやじの独り言~

iphoneアプリ「nana」のことやDTMのことなど徒然に・・

素敵なnanaユーザーさんの音源を動画化しました。
https://youtu.be/WVQ8yQ9zblk
https://youtu.be/b9wIFWl7rYs

2014年11月

ギターの弾き語りを録音する時は、ボーカルの音とギターの音と両方バランス良く録音したいですが、今日は、私がnanaで弾き語りを録音する時のセッティングを公開します。

公開といっても、そんなたいそうなものではありませんので、参考程度で見ていただければと思います。(^_^;)

弾き語りは、ボーカルがメインでギターがサブという位置づけになると思います。
なので、マイクは基本的に口の前です。

更にギターの音も拾いたいので、口から少し離して、概ね30センチくらいの所が良いと思います。
口とマイクを離すことによって、マイクがギターの音を拾ってくれます。

 マイクだとこんな感じです。
1











iPhoneやiPadの場合はこんな感じです。
2










口の高さに合わせるのを忘れたので、お間違いなく。m(_ _)m

それで、私はマイクスタンドを使っていますが、マイクスタンドも安いものでしたら1000円くらいのものからあると思いますので、楽器屋さんやamazonなんかで探してみて下さい。
カメラの三脚なんかも使えるかもしれませんね。
マイクスタンドも三脚もiPhoneを乗せるのに少し工夫が必要だと思いますが、段ボール等を加工してみて下さい。

弾き語りを録音したあとは、再生してボーカルとギターのバランスを聴いて見ます。
ギターの音が小さい場合は、少し大きめにギターを弾くか、もう少し口からマイクやiphoneを離し、ボーカルが小さい時はその逆の調整してみて下さい。

ちなみに、今日はこのセッティングで、弾き語りしてみました。
 
http://hibari.nana-music.com/wp/CgsUaqbKJh/

こんな感じのバランスになります。
私的にはちょうど良いのかなと思っています。

ピアノで弾き語りする時もマイクやiPhoneは口の前でその距離でピアノの音を調整するような感じになります。

今日は弾き語りする時のセッティングについて書いてみました。
弾き語りを録音するユーザーさんの参考になればと思います。

それでは、また。

この季節、空気が乾燥して、おまけに暖房を入れると、更に空気がカラカラになりますよね。
空気乾燥すると、お肌が…(^_^;)…ではなくて、ギターの木の水分も失われて、最悪の場合、木が割れたりします。
特にアコギは、デリケートで、新しいうちは木が落ち着いていないので、注意しなければなりません。
どうしても乾燥する場合、楽器屋さんに水分を補給するアイテムがありますので、ケースの中に一緒に入れておくのも良いですね。
ただし、湿気が多すぎてもダメですので、楽器屋さんに相談してから入れて下さい。

湿度の目安は、40%~60%で、これより低くても高くてもダメです。
アコギは、本当に手が掛かりますが、ちゃんとメンテナンスをしていると、良い音で鳴ってくれるので、手のかけようもあるというものです。(^_^)

ちなみに、私の机の上には湿度計が乗っていて、常に湿度を見て、乾燥している場合は、濡れタオルを部屋に干して保湿しています。
湿度計









今、40%を少し切ったので、またタオルを濡らして掛けてます。

それと、乾燥はギターだけではなく、喉にも良くありません。
知っている方も多いと思いますが、声は、喉にある声帯が振動して出ています。
このときに、左右の声帯が擦れるので、声を出していると常に声帯は擦れて炎症を起こしています。
しゃべりすぎると、声がかすれてくるのはそのせいです。
あと、風邪をひいたりすると声帯が炎症を起こして声が出づらくなります。

ですから、空気が乾燥すると声帯も乾燥して、かさかさの状態で擦れてしまいますので、炎症が激しくなります。
もう、考えただけで、ぞっとしますね。
そこで、声を出す時の声帯の摩擦を少しでも少なくするために、水分が必要なのです。
私も、歌の練習をする時は、濡れタオルはもちろん、常に水を横にいて水分を補給しながら声を出しています。

nanaで歌っている皆さんも、これからの季節は部屋の乾燥と、喉の乾燥には十分注意しましょう。

あとは、歌う前の声帯のストレッチも大事ですね。
運動するのと同じですから、声帯が固まっている状態では、なかなか良い声は出ませんので、発声練習を兼ねて少しずつ声帯のストレッチをして十分に柔らかくしてからの方が良いです。
いきなり声を出すと、喉を壊す原因にもなりますので注意したいですね。


声の話題をあげたのでついでに書くと、ボイトレをすると歌が上手くなると思っている方がいると思いますが、声は良くなっても、歌は上手くなりません。

声と歌は別もので、私の周りにもボーカリストの方がたくさんいますが、皆さん、発声練習をして自分の声を維持するだけでなく、曲を歌う練習もしています。

ギターにたとえるなら、いくら高くて良いギターを持っていても、良い演奏は出来ません。

発声練習はギターにたとえるなら、良い音が鳴るようにギターをメンテナンスをすることで、
歌の練習は、ギターを演奏する練習です。

両方やって初めて、良い声で歌が歌えるわけですね。

発声練習や、歌の練習は色々と書籍も出ているし、ネットにもありますので、そちらを参考にして下さい。
基本は、自分の歌を録音して聴きながらチェックして、修正したりしていくのが一番良いみたいです。
そういった意味では、nanaは格好の歌の練習ツールに出来ますね。

ちなみに私は、歌の練習は、その時々にやりますが、発声練習は毎日やってます。
若いうちは良いのですが、歳を取ると声帯が固まるのが早くて、毎日発声練習をしないと、声が出なくなってしまいます。
とにかく、自分の声を維持するためには、メンテナンスのために毎日の積み重ねが大事なんですね。

というこで、今日は、乾燥に注意しましょうと言うことを書いてみました。


今日は、あまりnanaを聴けなかったので、おすすめサウンドは休みます。

それでは、また。

私は普段、伴奏を投稿していますが、その時はメトロノームを鳴らしてイヤフォンで聴きながらギターを弾いています。
これは、90秒に納めるためのテンポ管理をしているからです。
ちなみに私が使っているメトロノームですが…メトロノーム

けっ、けっして、そんな趣味が(どんな趣味だ~!)あるわけではなく、たまたま楽器屋さんにメトロノームを買いに行ったら、これしかなかったんです。(^_^;)

ところで、最初の音源を録音する時は全然気づかなかったのですが、私から他の方の伴奏にコラボする時に、自分の録音が微妙に遅れることに気付きました。

以前のnanaのバージョンでもバグで話題になりましたが、あそこまで酷くはないのですが、本当に微妙な遅れが、気になってしょうがないのです。

おそらく、歌だったらそんなに気にはならないと思いますが、ギターでリズムを刻みながら録音すると、その微妙な遅れにイライラしてしまいます。

なんとなく、遅れる時間の長さが分かるので、その分前ノリで弾こうとしますが、人間の脳は間違いを自動的に補正するみたいで、気付くと修正して元に戻ってしまいます。orz

そこで、どのくらい遅れているのか、正確ではありませんが、概ねこのくらいというのを調べてみました。

実験方法は、自分で録音したギターの伴奏に自分の歌でコラボして、その時に
iPhoneから出力されるコラボの音と
別のマイクから歌のみを同時に録音した音
をパソコンで録音しました。
そして、それぞれの音の波形を比べると、聞こえるとおりに遅れてました。

どのくらい遅れているのか、直接パソコンで歌だけを録音した波形を、iPhoneのコラボ音源に合わせるように動かして、再生しながら私の声がピッタリ一致する場所を見つけ、動かした量(遅れ)を見てみました。
耳で聞いて判断していますので、正確ではありませんが、
概ね40ms
でした。

秒換算すると、1000分の40秒(0.040秒)です。

なんだ、そんな誤差みたいな遅れじゃないですか…と思いでしょうが、これがそうでもないんです。

例えば、四分音符120のテンポだと、
1分間に四分音符が120個
つまり60秒に1拍が120回
ですから、
1拍あたり0.5秒
ですね。
八分音符は四分音符の半分ですから
1個あたり0.25秒
…と計算していくと、32分音符の2/3くらいの長さです。

リズムを刻むと、もたって聞こえてしまいます。

通常パソコンでオーディオインターフェイスを使って録音する時は、
大体
0.005~0.007秒くらい
で、このレベルだとほとんど気になりません。
一桁ちがいます。
パソコンとまではいかないにせよ、せめて、もう少し遅れが解消出来ると良いんですけどね。

今、ふっと思ったのは、他のアプリが立ち上がっていて、そちらにCPUパワーを食われて、処理能力が落ちて、遅れが酷くなっているのかもしれません。
その辺は、もう少し調べてみようと思います。


さて今日も恒例のお気に入りサウンドを紹介します。
今日は、3曲です。

1曲目は
石川ひとみの「まちぶせ」から
「3510」さんです。
http://hibari.nana-music.com/wp/nCH9W723wI/

声が私好みです。(^_^)


2曲目は、ボカロの「からくりピエロ」から
「みぃ」さんです。

トランペットの演奏が新鮮でした。


最後は、中島美嘉の「雪の華」から

前回もFumitoさんのコラボで紹介させていただきましたが、今回はソロでのサウンドです。
はっきり言って上手いです。
発声がしっかりとしていて、地声から裏声への切り替えがスムーズですね。
なにより声がとても素敵ですね。
思わず「上手い!」とコメントしてしまいました。
今後も楽しみです。


そう言えば、今日はなぜか、この中島美嘉の「雪の華」のコラボが多かったです。
けっこう同じコラボが続く日があって、同じ曲を色々なユーザーさんの歌で聴くのも、良いものですね。

それでは、また…


伴奏を投稿されている方が、ある程度のサウンド数になると、おそらく抱えるであろう問題に、
コラボに対する拍手とコメント
があると思います。
もし悩んでいる方がいましたら、参考にしていただきたいと思っています。


前回の記事でも書きましたが、私の伴奏投稿数が約400サウンドになり、先ほどニュースフィードを見ると23時間前から表示されていていましたので、ほぼ1日の件数ですが、
コラボ数~110
拍手~45
コメント~22
でした。
本当に、いつもたくさんのコラボ、拍手に感謝しています。

ところで、確かニュースフィードは200件表示されるようになっていたと思うのですが、このほかにフォロー通知が8件ですから、足しても185件しか表示されてませんでした。

まあ、それは別として、例えば、110件のコラボを全て聴くとしたら単純に
90秒×110=9,900秒=165分=2時間45分
です。
ところが、読み込み時間等を考えたらおそらく3時間は超えると思います。
そして、そのコラボ1件ずつに拍手とコメントを付けると睡眠時間が…(^_^;)

実は、一時期までは、コラボしていただいたサウンドには全て拍手とコメントを書いていましたが、コラボ数が50を超えた辺りから半オートメション化してしまい、非常に申し訳なく思うようになってしまいましたし、拍手・コメントすること自体が出来なくなってしまいました。

もう一つの問題点は、nanaのシステム上、フォローや拍手機能はありますが、お気に入りのユーザーや曲を記録するシステムがないのです。
コラボサウンドの数が少ないうちは、拍手やフォローでお気に入り機能を兼用できるのですが、たくさんのユーザーさんにコラボしていただけるようになると、コラボサウンド全てに拍手したりフォローしていただいた方をフォローバックすると、この機能が使えなくなります。

伴奏を投稿されている方は、おそらく歌を歌うユーザーさんの数倍も、たくさんのユーザーさんの歌を聴いており、お気に入りのユーザーさんもたくさんいると思います。

ご存じの通り、フォローしたユーザーさんのサウンドがFrends Feedに表示されるため、フォローしていただいた方を全てフォローバックすると、お気に入りユーザーさんのサウンドをFrends Feedから探すのが、大変になります。

ユーザーさんの中には、おそらくこんな理由でむやみにフォロー数を増やさない方もいるような気がします。

それと、
「フォロワー数稼ぎのためのフォローお断り」
みたいなプロフを見ますが、私もむやみにフォロワーを増やしても、全く無意味だと思います。

フォロワー数=素晴らしいユーザー
ではけっしてなく、フォロワー数が少なくても、しっかりと音楽のコミュニケーションがとれれば、それだけでnanaを楽しむことが出来ると思っています。


私も、伴奏を投稿していますが、歌を歌われるユーザーさんと同じように、お気に入りのユーザーさんのサウンドを聴きたいですし、素敵なユーザーさんはお気に入りとして記録しておきたいと思っています。

このため、現在の私の拍手は、
私の伴奏へのコラボサウンドやフォローしたユーザーさんのサウンドの中でお気に入りの曲だけ
にしています。

フォローも
投稿サウンドを聴いて、続けてこのユーザーさんのサウンドは聴きたいなと思う方
つまりFrends Feedに表示したいユーザーさんだけ
にしています。

おそらく、こうしなければnanaを続けること自体が負担になり、楽しむことができなくなり、最悪nanaができなくなってしまいます。
私自身、これからも細々とですが、nanaで音楽を楽しんでいきたいと思う一ユーザーですので、
コラボしたのに拍手してくれない
フォローしたのにフォローバックしてくれない
と思われる方がいましたら、けっして無視しているわけではありませんので、どうかご理解いただきたいと思います。

その代わり、フォローしていただいた方には、Frends Feedに私のサウンドが表示されると思いますので、心を込めてギターを弾かせていただきたいと思います。

このことは、最初に書きましたが、私だけではなく、ある程度、伴奏を投稿してコラボ数が多いユーザーさん共通の悩みだと思っています。
伴奏投稿ユーザーの方に全てのコラボへの拍手、コメントを求めると、それに応えることが出来ない伴奏投稿ユーザーは、nanaを続けることが出来なくなり、伴奏投稿ユーザーが減ってしまうと思ってます。

なかには全てOK!というパワフルなユーザーさんもいるとは思いますが、ほとんどの方が、仕事を持ったり学校に通ったりして、自分の時間の中でnanaを楽しんでいる方だと思います。 どうか歌を歌うユーザーさんは、皆さんが歌うための伴奏を投稿するユーザーさんがいなくならないためにも、どうか温かい目で見守って欲しいと思います。

…と言いながら、最近、お気に入りサウンドを記事にするために、90秒全部ではありませんが、ほぼ100%コラボを聴かせてもらってます。
そして、良いな~と思ったコラボには拍手をさせていただいてます。


そして今日も、拍手させていただいたお気に入りサウンドの中から、何曲か紹介します。

まずは、中島みゆきの曲で、ピンクレディーのけいちゃんがカバーした「すずめ」から
「まるいまるさん」のサウンドです。
 
http://hibari.nana-music.com/wp/fLUBD66Lu4/


大人のしっとりとした、とても素敵な歌い手さんです。
まじめに歌えば…ですが。(^_^;) と思ってましたが、歌はいたって真面目です。コメントが面白い方でした。m(_ _)m
最近、ユーザーになられたのに、もう既に400サウンドを超えている、パワフルなお姉さんユーザーです。


次は、中島美嘉の「ORION」から
「Pocoさん」のサウンドです。

http://hibari.nana-music.com/wp/IPpSKOEBOO/


私は、基本的に、男性が女性の曲を歌うのを聞くのが苦手なのですが、Pocoさんのこの曲は、男性が歌っているのにとても素敵でした。
さすがにサビではきつそうですが、それでも、お気に入りにさせていただきました。


次は、荒井由実の「卒業写真」から
「織音さん」のサウンドです。

http://hibari.nana-music.com/wp/obm0P667Jx/

哲平さんの素敵なギターに乗って、個性的な織音さんの歌声も素敵ですね。


最後は、工藤静香の「MUGO・ん…色っぽい」から
「mayuさん」のサウンドです。
 
http://hibari.nana-music.com/wp/bSokWQZAMW/

まだ始められて1週間しかたっていませんが、なかなか素敵なボーカリストだと思いますので、このまま続けられたら、お気に入りユーザーさんにしたいと思っています。


先日、iphone6でコラボした時に録音の遅れについて書きましたが、ちょっと調べてみましたので、次回の記事にしたいと思っています。

それでは、また。

先ほど、nanaCASを見ました。
バックバンドの
ベースのうーさん、キーボードのshinbambiさん、アコギのERI ROCKさん
は、素敵でしたね。
普段、一緒にやっていないメンバーで合わせるって、なかなか大変ですよね。
おまけにボーカルとも合わせなければならないですからね。
お疲れ様でした。

nanaでは、良く、伴奏ズとか伴奏隊とか呼びますが、バンドに名前が付いている場合は別ですが、それぞれの演奏者をひとくくりにするのは、私的にどうかと思っています。
なにか、カラオケ扱いされているようで…
今日も、ベース、キーボード、アコギにボーカルが一つになって音楽です。
つまりボーカルも楽器の一つと言うことです。

ボーカルが入れば、当然歌がメインになりますが、歌だけではなく、バックの楽器の音も聴いて欲しいですね。


話は変わって、最近の話題では、nanaは1日1万曲というか、1万の投稿があるとのことです。
そして、ほとんどの方は伴奏のサウンドとのコラボですよね。

最近の伴奏は多彩で、ピアノ(シンセ)、ギターだけではなく、打ち込みのサウンド、中にはリズム、ギターなどを重ねだたバンドサウンドなどもあり、歌われる方は選択肢が多くなっていると思います。

ただ、カラオケ店内でカラオケを録音して投稿するとか、youtube等から無断で録音して投稿するとかは、著作権等の侵害に当たり、nana自体の規約にも違反するので注意が必要ですね。
カラオケ店で歌ったものを録音して投稿するのもダメです。
そのような音源は投稿しない、使わないようにしなければなりません。


今日、nanaのCASでコメントを見ていると、今日の出演者のことを知らない方もいるみたいでしたが、実は、私も、3人の伴奏された方々は知っていますが、ボーカルの2名は知りませんでした。(^_^;)

1日100人くらいの方が、私の伴奏とコラボしていただいているのですが…
それだけ、nanaユーザーが増えたと言うことですよね。


さて、前置きが長くなってしまいましたが、今日は、

伴奏を投稿している私から見て、同じ伴奏を投稿しているお気に入りのユーザーさん

を何人か紹介したいと思います。


まず最初に、一番のお気に入りは、今日も出演していた
うーさん
http://hibari.nana-music.com/w/profile/1881/
です。

キーボード、ギター、ベースなどマルチプレイヤーで、midiの打ち込みで曲も作る方で、私から見て音楽センスはとても素晴らしいです。

実は、私はリアルでも友人付き合いさせていただいていて、音楽センスだけでなく、人間的にも素敵な方です。


次に、ピアノの伴奏を投稿されている方ですが、
今日出演していた、shinbambiさん、ゆきのさん、ましやさん、ゆきがやさん、ともこさん…う~ン、たくさんいますね。
皆さん素敵なプレイヤーです。

そのなかでも、最近のお気に入りなのは、投稿されている選曲のセンスが私好みである
ぶる~さん
http://hibari.nana-music.com/w/profile/45172/
です。

私も、時々弾き語りをしますが、ぶる~さんのピアノを聴くと、つい歌いたくなっちゃいます。(^_^)


次に、ギターの伴奏を投稿されている方ですが、
なんといっても 弾き語りおやじ…ではなくて…(^_^;)

たくさん素敵なプレイヤーがいます。
今日、出演していたERI ROCKさんや、とても格好いいギターを弾くアコさん(acousticele7さん)、みっどないとさん、グッドフラットさん、nanaフェスに出演していた樋口さんも素敵ですね。

そう言えば、今名前を思い出せませんが、やたら格好いいギターを弾くユーザーさんが出てきましたね。
今後が楽しみです。

ギターリストの皆さん全て素敵ですが、その中でも最近お気に入りは、
グッドフラットさん
http://hibari.nana-music.com/w/profile/196085/
かな…

とても暖かな音色のギターを弾かれる方です。
伴奏投稿マシンになっていないところも良いですね。

私もnanaが始まったころは、伴奏が少なくて、とにかく伴奏投稿マシンのように、手当たり次第に伴奏を投稿していきました。
今大体400曲くらいありますが、中には、う~ん、投稿しない方が良かったかな、削除したいな~というのもあります。
なので最近は、本当に自分で「好きな曲だから弾きたいな~」と思う曲しか投稿しないようにしています。


バンドサウンドはなんといっても、
chad matsuさん、Eichi Gohohさん、みっどないとさんのユニットのサウンドが好きです。
今も、このサウンドを聴いて、「う~ん、マンダム」(死語)と唸ってしまいました。(^_^;)

http://hibari.nana-music.com/wp/h6JBKvKQce/


他にもたくさんの素敵な伴奏を投稿されているユーザーさんがいますが、名前を挙げるときりがないので、今日はこの辺にしておきます。

中には、先ほどと同じように、皆知らないな~という方もいるかもしれませんが、私個人的な好みですが、是非、ここに名前を挙げたユーザーさんの伴奏を聴いてみてください。

それではまた。


↑このページのトップヘ