nanaでlalala…~弾き語りおやじの独り言~

iphoneアプリ「nana」のことやDTMのことなど徒然に・・

素敵なnanaユーザーさんの音源を動画化しました。
https://youtu.be/WVQ8yQ9zblk
https://youtu.be/b9wIFWl7rYs

2015年01月

今日は、昭和曲のリクエストがなかったので、弾き語りをしてみました。
おじさんは歌わないと、どんどん下手くそになるんですよね。
これ以上、下手くそになったら困るので、少しずつ歌ってます。(^_^;)


さて、タイトルの通り、最近感じていることですが、
音楽をやるために来ているのか、友達を作るために来ているのか…

そんなの人の勝手だろうと思う方もいるかもしれませんが、これって何か違うような気がします。

フォーローすることでFrendsFeedにフィルターが掛かりますが、ただ単に友達を作ることを目的にユーザーが集まってくると、nana全体が違う方向に向かっていくような気がしています。

nanaは、音楽を通じて音楽のコミュニケーションがとれるのが魅力でやっているのですが、音楽が友達を作るための口実になってはいけないと思っています。

私は、あまり多くの人とコミュニケーションをとっていません。
もともと音楽をやるためにnanaのユーザーになっているので、音楽の趣味の合う人とだけで十分だと思っています。
限られた時間で自分の音楽をやり、音楽の波長の合うユーザーさんとコミュニケーションをとることで、お互いのプラスになればと思っています。
そもそも、何百人もの人とコミュニケーションをとれるだけの能力は持ち合わせていませんし…(^_^;)

自分の音楽をたくさんの人に聴いて貰うために、音楽の趣味の合う人をフォローしたりしてコミュニケーションを広げることは、音楽のためのコミュニケーションだと思いますが、「友達募集」なんていうのを見ると、募集するなら違うところでやればと思います。

某アプリでは、有志のユーザーさんが定期的に、アプリのルールと称して、他のユーザーさんに「ここは音楽をやる場所ですから」等とアプリのルールをアナウンスしています。

nanaでは、そんなアナウンスをする掲示板もないので、いろいろと無法地帯化していますよね。

手軽で誰でも簡単に音楽が出来ますとのキャッチフレーズで、いまやユーザーが70万人を超えたらしいです。
なかには、nana民という民族も生まれているようです。(^_^;)

ですが、このままだと音楽が置き去りになり、音楽のアウトプットを目的にnanaにやってきたユーザーさんは、「ここでは無理…」と直ぐに離れていきます。

nanaがリリースされ、ユーザーが増え始めた時にも、そんなレッテルを貼られた時期があり、今でもnanaって…という言葉を目にすることがあります。

できれば音楽をやるために集まってくる人たちのために、一種のグループ機能があればと思う今日この頃です。
nanaがリリースされてまもなくの頃、ユーザー同士でジャンル分けを含めてそんな要望が出されたことがありましたが、それは運営側の思惑と一致しない部分なのか、技術的な問題なのかはわかりませんが、個人的には必要な機能だと今でも思っています。

将来的には、課金プログラムも構想されているそうですが、アプリの中で音楽環境により進んだ機能を付加するためにでなればお金を払わないし、そもそも音楽をやるための環境が整っていなければ、音楽のためにお金を払う人は集まってこないと思います。

収益がなければ、運営の存続すら危うくなってしまうことなので、とても難しい問題ですが、音楽をやるために魅力的なアプリに育つよう、今後とも期待したいと思います。

今日もまた、とりとめのない独り言をつぶやいてしまいました。

それでは、また…

一昨日から始めた、「昭和の曲伴奏リクエスト」ですが、順調にリクエストをいただいております。
今のところ1日4曲ペースですので、ちょうど平日の夜に消化できる曲数になってます。

昔の曲は、今の曲と違ってシンプルなコードで、どちらかというとメロディーで聴かせる曲が多いので、ギターも意外と手間が掛からずに弾けています。


さて、昨日のnanaのアップデートですが、私はちょっと困っています。
というのも、録音の時のレベルメータのゲージが変わってしまったからです。
今までは、

nana調整


0よりも上の数値が表示されていましたが、アップデート後は、

1
一番大きい数値が0となり、それ以上が表示されていません。
これだと、0を越えるか超えないかの微妙な位置が分からないというか、0を超えていることが分かりません。

それと、今までは、歌を入れても歪まないように、伴奏の大きさを-7~-5くらいの範囲で録音していたのですが、メーターのゲージが3単位とおおざっぱになってしまい、調整がしづらくなってしまいました。
今日も録音していて、録音レベルの調整に、非常に手間が掛かってしまいました。

慣れだとは思いますが、レベルメーターのゲージは0オーバーが表示されるのが、録音機器での標準なので、ちょっと苦労しそうです。
-50、-40、-30は必要なんでしょうか、なぜ、このようなゲージになったのかは、私には全く理解不能です。

出来れば、次回のアップデートで元に戻して欲しいな~と思いました。

それと連続再生も、最近ちょっと要らないです。
投稿したものの確認などの作業をしている時、連続再生されるとイラッと来る時が…(^_^;)
この辺も、次回アップデートで、連続再生機能のオフが選択できるとかを改善して欲しいところですね。

さて、今日nanaの公式から再生回数が累計1億回を超えたとアナウンスされていました。
凄いですね。
おそらく、人気ランキングが大きく貢献していることは間違いない…かな…(^_^;)

それでは、また…

 ※ この企画は終了しています。


今日、ふっと昔聴いた曲をもっとやりたいな~と思い、昭和の曲限定リクエストの企画を始めることを思いつきました。

私は、まだ昭和を生きている時間の方が長く、音楽を始めたのも昭和40年代後半です。

物心ついた頃から聴いている音楽はしっくりきます。
やっぱり私は、The昭和の男なんです。(^_^)

ということで、
昭和の曲←これが大事
で、私がギターで弾ける曲←これも大事
なら、ジャンルを問わず、歌謡曲、童謡から洋楽まで弾きます。
 

リクエストの方法は、

まず、私の「伴奏リスト」

http://blog.livedoor.jp/guitarwalker/


を確認していただき、このリストにない曲の伴奏を、この投稿

http://hibari.nana-music.com/wp/00451011/

のコメント欄に曲名、アーティスト名をリクエストとして書き込んで下さい。

各コメントへのリプライはなかなか出来ませんが、投稿する際、
ここのコメント欄に、
投稿した伴奏のリンクを曲名とともに書き込みます。

私からのコメント通知を確認して下さい。



ただ、ギターを弾ける時間に限りがあります。
順番に弾いていきますので、気長にお待ちいただけたらと思います。



もし、順番が飛ばされた曲は、弾けない曲、歌えない曲ですので、再度違う曲をリクエストしていただけたらと思います。


ところで、早速リクエストをいただき、見ると…(^_^;)
弾き語りのリクエスト…想定外でした。

その次が、NHKのみんなの歌…これも想定外でした。(^_^;)

だけど、私に弾ける曲、歌える曲でしたら、企画をやっている間は、チャレンジしようと思います。(^_^)


それでは、みなさんリクエストをお待ちしております。(^_^)

先日の「明日に架ける橋」ですが、今日ようやく、録音して完成させました。
完璧にはほど遠い出来ですが、これ以上、友人に待たせる訳にはいきませんでので、素晴らしいピアノに感謝と2年間お待たせして申し訳ない気持ちとを、心に込めて歌わせていただきました。

https://soundcloud.com/tomo-0909/bridge-over-troubled-water

そして、先ほど友人にメールにてお知らせした次第です。

まだまだ自分のボーカルは未熟で、これからも精進しなければならないと痛感しました。
それでも、これでなんとか2年間の自分の気持ちに決着を付けることが出来ました。


…と、ここで気持ちを切り替えまして、先日からお知らせしているnanaユーザー主催のライブのブログが更新されていましたので、紹介します。
前回に引き続き、今回は出演バンド2組目の紹介でした。

今回は「nalienna」です。
バンドのメンバーはこちらも豪華で
ボーカルがYOKAさんを筆頭にToaさん、Moanaさんと実力は揃いです。
そして、バックバンドは
ギターにFujomotoさん、Kentaさん
ベースにGotohさん
キーボーにma4yaさん
ドラムにシャドーさん
です。

私は、Fujimotoさんとは、一度、nanaのリリパでご一緒させていただいたことがあって、とても格好いいギターを弾く、ダンディーで素敵なギタリストです。
また、Gotohさん、ma4yaさんもnanaの実力派のプレイヤーですね。
Kentaさん、シャドーさんは存じませんが、このバンドは聴き応えのある注目のバンドだと思います。
聴きに行けないのが、とても残念です。

詳細は、こちらをご覧下さい。
http://ameblo.jp/amuse-live-nana/entry-11978310266.html

さて、今日の録音終了で少し気持ちが軽くなりましたので、今度はしばらく手を付けていなかったオリジナル曲の制作や、昨日も記事にしましたが、弾き語りのyoutubeへの投稿なども、ぼちぼちやろうかと目論んでいます。

それでは、また…

今週も飲み会が3夜入っていて、今日ひとつこなしてきたので、あと2回…
今週もハードな週になりそうです。(^_^;)

昨日アコギ講座の動画をyoutubeに投稿して、そう言えば最近、youubueに投稿していないな~と、ふっと思いました。
一昨年までは、けっこうライブや自宅で弾き語りを撮った動画を投稿していました。
仕事の関係で、ここ1年以上ライブもやっていないし、ニコニコ動画にはオリジナルをボカロにして投稿していたのですが、弾き語りはもっぱらnanaだけになってしまっていました。
そんなことで、久しぶりにyoutubeに弾き語りを投稿したいと思いはじめてます。

nanaは手軽に録音して投稿できるカジュアルな音楽SNSですが、音質や時間の制約を受けるので、一応は私もアマチュアミュージシャンの端くれですので、制限のない音楽をたまにはやりたいと思います。

youtubeに投稿した際は、こちらに報告させていただきますので、よろしくお願いします。m(_ _)m


さて、最近少し独り言が多くなってますが、どうしても歳を取ると独り言が多くなるようでして…(^_^;)

nanaで時々見かける
「評価して下さい。」
とか
「アドバイスをお願いします。」
ですが、
他の人に評価やアドバイスを求める場合は、どんなことについて評価やアドバイスを求めるのかをコメントして欲しいなと思っています。

適当な評価やアドバイスをする場合は良いのですが、本当に適切な評価やアドバイスする場合は、求めている側がどの程度その音源に対して認識しているかが分からなければ、的確な評価やアドバイスは出来ないと思います。

素人の方が評価するのであれば、
「ピッチがあっていない」とか「リズムに乗れていない」とかの評価になると思いますが、基本的に評価を求めるレベルの方であれば、そんなことは自己評価出来ている話で、
少なくても、自己評価があって
「ピッチが少しあっていませんが、…のフレーズは、自分はこう解釈して表現していますが、いかがでしょうか?」
となるのではないかと思います。

もう一つは、どこの誰か、どんな音楽スキルをもっているか分からない人に、自分の音楽の評価やアドバイスを受けて納得できるかという問題もあります。

私は、自分が信頼できる人からでなければ、評価やアドバイスは受け入れられません。
前にも書きましたが、私は下手くそなりにボーカルのトレーナーからレッスンを受けていましたが、そのトレーナーからでさえ、テクニカル的なことは除いて、音楽的なモノは自分が納得するアドバイスしか受け入れられませんでした。

もともと音楽は個々人の感性により作り上げるもので、正解などないと思っています。
少なくても自分が主張する音楽が一番の正解であって、他人が聴けば、良いと思ってくれる人もいれば、そうでない人もいます。
アマチュアは売って儲ける音楽ではないので、人の評価を気にするよりも、まずは自己評価がどうなのかをしっかりと判断して自分のやりたい音楽を目指すべきだと思います。

とは言え自分の音楽に迷った時は、助けを求めたくなるモノで、そんなときは本物の音楽を聴いて表現方法などを勉強するか、自分が信頼できる方にアドバイスを求めた方が良いと思います。

音楽は本当に奥が深くて、しかしそこが魅力です。

今日もまた、勝手な独り言を記事にしてしまいました。
実はこれ、ボツにした記事を少しオブラートに包んでみました。
あくまでも私の個人的な思いですので、スルーをお願いします。m(_ _)m

それでは、また…

↑このページのトップヘ