nanaでlalala…~弾き語りおやじの独り言~

iphoneアプリ「nana」のことやDTMのことなど徒然に・・

素敵なnanaユーザーさんの音源を動画化しました。
https://youtu.be/WVQ8yQ9zblk
https://youtu.be/b9wIFWl7rYs

2015年09月

前回のMic Roomの記事で音源を公開していましたが、

http://nana-hikigatarioyaji.blog.jp/archives/45250302.html

オーディオインターフェィス側でローカット(低い周波数帯域をカット)していたため、少し音が変わってしまい、今回改めて、再テストをしました。

まず、今回のテストでは、iPhoneをマイク代わりにして、iPhoneの音声出力をアナログでオーディオインターフェイスに接続し、iPadで起動したnanaに録音してみました。

順番は

音→iPhone(Mic Room)→アナログケーブル→オーディオインターフェィス→USBケーブル→カメラアダプター→iPad(nana)

です。

まずは、iPhoneとオーディオインターフェィスを接続したケーブルですが、
標準ステレオプラグ→標準モノラルプラグ×2
です。
1-1

このケーブルは、ステレオ信号を左右のモノラル信号に変換するケーブルです。
ステレオプラグ側をiPhoneに接続して音声を出力するのですが、見ておわかりのとおり、標準プラグだと大きくてiPhoneに接続できないため、iPhoneのイヤフォン端子と同じ大きさのステレオミニプラグに変換するアダプターを接続します。
2-1

そして、iPhoneのイヤフォン端子に接続します。

3-1

そして、このケーブルの反対側のモノラルプラグをオーディオインターフェィスに接続するのですが、Mic Rommの音声出力はモノラルなので、赤色(右側の音)と白色(左側の音)の両方接続しても意味がありません。
通常モノラル出力の場合白色(左側の音)のプラグだけを接続します。
4

ちなみに、nanaもモノラル音声なので、赤と白の両方を接続してもステレオ録音はできず、通常は白のプラグだけを接続します。

次に、オーディオインターフェィスとiPadをカメラアダプターを装着したUSBケーブルで接続します。
5-1

さて、今回の録音環境ですが、普段使っているaudio-technicaのマイクフォルダーの上にiPhoneを置き、iPhoneの内蔵マイクに直接息がかかりポップノイズが出ないよう、ポップガードを装着して、録音しました。
6
見ていただくと分かると思いますが、通常録音する時は、iPhoneではなく、ここにはコンデンサーマイクがあり、そのマイクとオーディオインターフェィスを接続して録音しています。
7

なので、今回は、Mic Roomを起動したiPhoneをコンデンサーマイクにして録音したと言うことです。

今回の録音ソースは、私の下手くそなギターの弾き語りですので、弾き語りを聴かないで音だけを聴いて比較して欲しい手思います。

1 まずは、単純にiPhoneの内蔵マイクだけで録音したものです。
http://hibari.nana-music.com/w/player/00b438d9/

2 次にMic Roomを起ち上げたiPhoneで録音したものです。
使ったモデルはCondenser 87で、ノイマンU87のエミュレーションです。
現在amazonで348,000円の値段が付いている高級コンデンサーマイクです。
http://hibari.nana-music.com/w/player/00b4307c/

3 最後に、参考まで私が普段使っているコンデンサーマイク(audio-technica AT-4040)とオーディオインターフェィスで録音したものです。
http://hibari.nana-music.com/w/player/00b3da89/

いかがでしょうか?
1と2は、Mic Roomを使っているかどうかの違いで、両方ともiPhoneの内蔵マイクを使用しています。
聞き比べるとMic Roomを使っている2の方が中音域がうっすらと豊かに鳴っていますね。

音は好みによって善し悪しが決まるのですが、私個人的にはMic Roomの音は意外と使えるなという感じがします。
ただ、nanaでMic Roomを使用して録音するためには、Mic Room用のiOS端末とnana用のiOS端末、それとiOS端末で使用できるオーディオインターフェイスが必要です。
nanaがaudio bus対応になれば、1台のiPhoneでMic Roomを使用しながらnanaに録音することができるのですが、手軽に録音できることが売りのnanaですので、期待はできないかな…

それでは、また…

先日の記事でもiOS用のアプリのアップデートで付加されたコメント返信機能について触れましたが、ここでまとめてみようと思います。

まず、今までと何も変わらない方
○ iOS用のVer2.40にアップデートしていない方
○ android用のアプリの方…未確認なのであくまでも予想
です。
このユーザーの方が自分が投稿した音源にコメントをすると、そのコメント通知がその音源にコメントした他のユーザー全てに届きます。~従来と同じです。


次に、iOS用アプリのVer2.40にアップデートした方
○ コメント返信機能を使用した場合→コメントを返したユーザーさんにだけにコメント通知が届く
○ コメント返信機能を使わないでコメントした場合→誰にもコメント通知は届かない

です。

ということで、アップデートした方は、返信機能を使用しないと、コメントを返信したユーザーさんには何も通知が届かず、
相手のユーザーさんは、
なぜ通知が届かないのだろう…?
となってしまいますので、注意が必要です。


さて、タイトルにあるとおり、久しぶりにおすすめユーザーさんを紹介します。
実は、この「おすすめユーザー」ですが、あまり積極的には紹介したくなくて、最近はずっと記事にしていませんでした。
なぜかというと、あくまでも私の主観的なおすすめであって、中には人に勧められたものなんて…と考えている方もいると思うからです。
ただ、久しぶりに、キラリと光るものを持っているユーザーさんを知ったので、そんなことは抜きで紹介したくて記事にしました。

今回紹介するのは、「to-yo」さんです。
http://hibari.nana-music.com/w/profile/1221928/

to-yoさんが投稿された音源を聴いていただくと、直ぐに分かると思いますが、とても魅力的な声です。
透明感とか優しさとか、そんなありきたりな表現になってしまいますが…そして声だけではなく歌の歌詞がダイレクトに心に届く、素敵なボーカリストだと思います。
興味にある方は、是非聴いてみてください。

それでは、また…



今日は、先日のnanaのiOS用アプリのアップデートで付加された「コラボ先一覧機能」について紹介します。


それより先に、コメント返信機能ですが…

今まで、音源主さんのところへコメントした場合、音源主さんのコメントは全て通知が来ましたが、音源主さんがアップデート後の返信機能を使っていただくことによって、余計な通知が来なくなりました

…が、音源主さんが、この返信機能を使わないと、誰にも通知が行かないことが分かりました。

おそらく、これは音源主さんがアプリのアップデートをしてアプリに返信機能が付加されている場合に発生すると思われます。

先日、あるユーザーさんにコメントして、そろそろ返信があるかな…と思っても中々来ないので、あれっ?と思って、私がコメントしたユーザーさんの音源を覗くと、ちゃんと私のコメントにレスしてくれてました。
ただ、よく見ると返信機能を使わないでコメントされていたので、通知が来なかったと思います。

新機能も使わなければ、マイナス面が出てくるので、そのあたりのアナウンスも必要なのかな~と思いました。


それと、最近できた「RANKING top20」が、以前の「人気ランキング」化し始めているような気がします…
以前私が書いた、nanaの人気ランキングについての記事はこちらです。
http://nana-hikigatarioyaji.blog.jp/archives/42375601.html

ふっと、覗いてみたら、まともに上手いな~と思う音源は、半分もありませんでした。
中には本当にすばらしい音源もありますが、結局のところ、システムを変えても再生数、拍手、コメント数などを評価基準にしている限りは、その状態が繰り返されると言うことですね。

これを見て楽しんでいる方もいると思いますので、それはそれとして、ホーム画面のトップに置くと、知らない方は、これがnanaのレベル?と勘違いされますので、続けるのでしたらもう一工夫必要かなと思いました。

ほぼ不可能ですが、茶番のような(そう言わざるを得ない状態のようです)人気のランキングではなくて、色々な意味で本当の実力のランキングが欲しいですね。


さて、それでは、「コラボ先一覧機能」について紹介します。

この機能は利点は、私のような伴奏音源を投稿しているユーザーは、自分の投稿した音源とのコラボを一覧で見ることができることです。

通知機能でも遡れば見ることができますが、通知が多くなればなるほど、かなりの労力を要しますし、一覧では見ることができませんので、便利な機能です。

この機能を使うには「コラボ先一覧」をみたい音源の詳細画面を開き、自分のアイコンの横あたりをタップして、こらぼ一覧画面を開きます。
1

コラボ一覧画面を開くと、今までなかった、「続きのコラボを見る」というボタンが現れますので、そこをタップします。
ちなみに「続きのコラボを見る」の横の( )内の数字は、その音源とのコラボ数です。
2

すると、この音源とコラボした音源の一覧が表示されます。
3

ここで、コラボ先一覧の中にベースでコラボしていただいた音源を発見しました。
単独の音源のコラボ先と同じように、このベースでコラボしていただいた音源との「コラボ先一覧」も見ることができます。

同じようにこの音源の「サウンド詳細」画面を開き同じように「コラボ一覧」画面を開きます。
4
コラボ一覧画面を開くと…
5
( )の数字を見ると4となっているので、2人のユーザーのコラボ音源とコラボした音源は4つあることになります。 
先ほどと同じように「つづきのコラボを見る」のボタンをタップします。
5
すると、この音源とのコラボ一覧が表示されます。
6


このように、今までコラボ一覧画面には、コラボの履歴しか表示されませんでしたが、その音源とコラボした一覧が表示することができるようになりました。

「そういえば、あの音源とコラボしてくれた素敵な音源があったな~」と聴きたくなった時に、いちいち通知画面や、そのユーサーさんの音源一覧から遡らなくても探すことができるとか、活用の仕方は、ユーザーさんそれぞれですので、いろいろと試してみてください。

それでは、また…

気がつけば1か月も更新していませんでした。(^_^;)

…と、そんなことはどうでもいいですが、本日nanaがアップデートしました。
早速、アップデートしてみました。

今回のアップデートは、大きく分けて3つで

1つ目は、コメントの返信機能

2つ目は、コラボ先一覧機能

3つ目は、ハッシュタグのリンク化

です。

1つ目のコメントの返信機能は、nanaを始めたころから一番欲しかった機能で、ようやく付加されました。

今までのコメント機能は、音源投稿者以外の方が、ある音源にコメントすると、音源投稿者のみにコメント通知が届きますが、その逆に音源投稿者がコメントすると、そのコメント以前にコメントしたすべての人にコメント通知が届くシステムでした。

たとえば、今のnanaでは、「お借りします」のコメントには、その音源投稿者はコメントを返さない場合が多いですが、最初のコメントから10人目まで「お借りします。」のコメントで、11人目に「素敵な音源ですね…」などと、「お借りします」以外のコメントがきても、そのコメントに返信すると、11人の方全てに、そのコメントの通知が届きますので、コメントを返したくても、なかなか返すことができませんでした。

ところが、この新機能は、個別のコメントに対して返信でき、返信先以外のユーザーさんにはコメント通知が届かないシステムになりました。
これは、本当にありがたい機能です。

ただし、アナウンスでは、最新iOSにアップデートしていなければ、今までの同じように全ての方に通知が届くとのことですので、この機能が必要な方は、nanaだけではなく、iOSも最新版にする必要があります。


続いて、2つ目のコラボ先一覧機能ですが、
まずは、伴奏音源を投稿されている方ですと、自分の投稿した伴奏とコラボした音源の一覧が見ることができます。
そして、伴奏音源を使われる方は、その伴奏音源でどのようなコラボがされているのかが一覧で見ることができます。

これも、なかなか便利な機能ですね。


3つ目のハッシュタグのリンク化ですが、コメント欄にハッシュタグが付いてれば、それをタップすると、そのハッシュタグが付いた他の音源の検索ができるようになりました。
私は、ほとんどハッシュタグは使わないので、あまり必要性は感じませんが、あれば便利な機能だと思います。

と、こんな感じで私的には、飛躍的にnanaの使い勝手が良くなったアップデートとなりました。
詳しい、使い方は、nanaのお知らせ画面の最上段に「運営からのお知らせ」というタイトルからアップデートのな用ページに飛ぶことができますので、参考にしてみてください。

また、詳しい使い方についても時間があれば記事にしてみたいと思います。

今後も、さらに今回のような機能的なアップデートに期待したいと思います。

それでは、また…

↑このページのトップヘ