弾き語りおやじの独り言

iphoneアプリ「nana」のことやDTMのことなど徒然に・・

素敵なnanaユーザーさんの音源を動画化しました。
https://youtu.be/WVQ8yQ9zblk
https://youtu.be/b9wIFWl7rYs

2017年11月

今回は、先日お知らせしましたが、11月26日のイベント
http://sapporo.shimablo.com/entry/2017/11/10/164757

で使用するIK MultimediaのiRig Mic Studio
http://www.ikmultimedia.com/products/irigmicstudio/

を事前にレビューしませんかとお誘いを受けましたので、nanaでの使用感などについてレビューしてみました。

このマイクは、iPhone、iPad、Androido端末で使用できるコンデンサーマイクです。
お値段は、そこそこしますが…(^_^;)

今回の録音環境は、
島村楽器さんのスタジオで、アコースティックギターの演奏を、このiRig Mic Studioを使用して、私のiPhone7 Plusでnanaの録音をしてみました。

まずは、iRig Mic Studioです。

mic

上のつまみは録音ゲイン、下のつまみはモニター音量の調節になっています。
また、写真からは見えませんが、後ろにモニター用のミニステレオ端子が装備されています。

次に、録音に使用したギターですが、なんと‼
アコギ弾きであれば、だれでも一度は弾いてみたいと憧れる
あの、Martin D-45です。
D45

いや~本当に素晴らしいです。
私は、普段は、D-41かJ45を弾いているのですが、まさかこのタイミング憧れのギターが弾けるなんて思ってもいませんでした。

さて、それでは実際に弾いて録音したnanaのサウンドを…

https://nana-music.com/sounds/032b0987/

最初少しだけアルペジオを弾いて、そのあとはストロークを弾いています。
マイクは、私がいつも録音している15フレット付近を狙っています。

Play

音は、少しドンシャリ傾向にありますが、低音が適度にカットされて、高音もアコギのおいしいところが出ています。
もう少し中音域が欲しいなと思いながら、アコギとしてはベストだと感じました。

この感じだと、ボーカルは抜けの良い音で録れるのかなと思います。

あとは値段ですが、コンデンサーマイクでしたら、通常はファンタム電源付きのオーディオインターフフェイスが必要で、おそらく安いコンデンサーマイクとオーディオインターフェイスを揃えるとしたら、この値段では厳しいと思います。

手軽に高音質でスマホに録音するのでしたら、このマイクだけで録音できるのは、かなりのアドバンテージだと思います。

このほかに、近日中には、このマイクより値段の安いiRig Mic HD 2も発売されるようですので、マイクだけで手軽にスマホ録音をする場合は、そちらも選択肢に入ると思います。
そのiRig Mic HD 2ですが、なんとか26日のイベントに間に合えばと思っていますが、どうでしょうね…

最近は、ガレバンで作ったサウンドをnanaに直接投稿できますので、自分で作ったオケに自分の歌を入れて投稿することもできるので、このような録音アイテムは活用範囲は広がるような気がします。

それでは、また…

先日アナウンスした、私が選ぶ私の伴奏とのコラボセレクションの第1回を決めましたので、公開させていただきます。

https://nana-music.com/sounds/032baece/

今週も、素晴らしいコラボばかりで、選考するのにかなり苦労しましたが、その中でも、特に、私の伴奏と一体感のある素敵なコラボを選ばせていただきました。

各コラボの評価をするなんて、私にはおこがましいので、省略させていただきます。
それでは、是非聞いていただきたいと思います。

昨年もやったのですが、今年も札幌の島村楽器さんの主催でイベントをやります。

日時~11月26日(日)  14:00~16:00
場所~札幌パルコ6F 島村楽器 店内スタジオ
参加料~無料

詳細はこちらです。
http://sapporo.shimablo.com/entry/2017/11/10/164757

今年は、「nana周辺機器体験会 iK multimedia編」と称してiK multinediaのマイクを使っての体験会になりますが、

ゲストに

「脩平」さん
http://nana-music.com/users/1412556/

「武石柴乃」さん
http://nana-music.com/users/139570/

の素敵なnanaユーザーのお二人が参加される予定になっています。

ちなみに私は付録ですが、nanaの録音方法や最近可能になったガレバンの音源をnana に投稿する方法などなど、知りたい方にアドバイスさせていただきたいと思っています。

当日は、iK multimediaのマイクを実際にお二人に使い歌っていただくことになっています。
どんな音で録音されるのか楽しみです。
また、イベント参加される方も体験できるとのことです。

11月26日は日曜日ですが、お暇な方は是非会場でお待ちしています。

詳細をお知りになりたい方は、札幌パルコ店の担当者カタシオさんに(011-214-2391)お問い合わせください。


それでは、また…





最近は、全然ブログを更新する暇もなく、ほとんど放置状態でしたが…(-_-;)

先日、しんごさんが、
nanaの素敵な歌声さんランキング
をシステム化したいけど、何かいいアイデアがないかという問いかけがあり、私も意見を提案させていただきました。

ただ、私の意見は伴奏者の立場からのもので、ある程度のユーザー負担や信頼性など色々と課題があり非現実的なものでしたので、このような考え方もあるという程度で参考にしていただきました。

ところで、なぜ今このようなシステムが必要なのかもというと、投稿されているサウンドの拍手、再生、コメント数と、音楽的評価が全く一致していないからです。

全てサウンドに当てはまることではないのですが、時々nanaのアプリレビューにもこのことは指摘されています。

「人気の曲」があるのではないか…
人気の曲は、素敵な歌声ユーザーのランキングではなく、人気のある「曲」のランキングなだけで、表示されているユーザーは、たまたまその曲を歌っていて、おそらく拍手とか再生数とかの関係で表示されていますが、拍手、再生数=評価ではないので…と言うことです。

このような状況になった要因として考えられるのは、nanaユーザーのほとんどが歌い手で、ユーザー自身の歌を他のユーザーに聴いてもらうために、他のユーザーのサウンドに拍手やコメントをして、そのお返しに自分のサウンドを聴いてもらうという暗黙のルールになっていることがあげられます。

SNSのコミニュケーションとしては、これでもいいので、私は否定はしません。
ただ、時々
聴きnanaできなくてごめんなさい
とか
聴きnanaが出来ないので歌えない
という話も聞きます。

これって、普通のコミニュケーションだけを目的とするSNSとしてはそれでいいのかもしれませんが、nanaは音楽のSNSですので、歌いたい時に歌えないとなると、もう健全な音楽投稿サイトとは言えないです。

つまり、いくらたくさんの拍手やコメントをもらっていても、ある意味、そのユーザーがほかのユーザーにした
拍手、コメントのバロメーター
になっています。

何度も言いますが、全てのユーザーのサウンドには当てはまりません。
本当に素晴らしい歌を歌って、ファンのユーザーからたくさんの拍手を貰っている人もいます。

ただ、拍手をたくさん貰っているサウンドが、どちらに当てはまるのかは、聴かないと分からないし、暗黙のルールに従わないユーザーは、いくら素敵な歌を歌っても聴いてもらえないのが、今のnanaの現状です。

おそらく、この状態をおかしいと思っているユーザーも少なくはないと思います。

さて、
私は、ただコミニュケーションを楽しむだけで良いの!
と思っている方は、この先を読んでも意見が一致しませんので、ここまでにしましょう(^_^;)


私だけでなく、nanaには音楽を高めていきたいと考えているミュージシャンユーザーもたくさんいますので、素晴らしい音楽は正当に評価したい、して欲しいと考えていると思いますし、それが自然な考えだと思います。
このままでは、本当にnanaで音楽を高めたいと思ってやる人がいなくなるのではと危惧しています。

そんなことで今後出るであろう、新たなnanaのセレクションのシステムに期待しています。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、それはそれとして、このようなセレクションは、それぞれのユーザーにもあって良いのかなと思っています。

フォローの有無にかかわらず、色々なユーザーサウンドを聴いているのが、私を含め伴奏者で、私のように素敵なサウンドはちゃんと評価したいと考えている伴奏者が選ぶベストセレクションは、小規模で、手動ですが(-_-;)
新しいnanaのセレクションシステムに近いものになるはずです。

私も素敵なサウンドは、一人でも多くの方に聴いていただきたいと思いますし、それがそのユーザーのもっと自分の音楽を高めたいというモチベーションになればと考えました。

それで、以前も思いつきでやったことがあったのですが、次の日曜日か月曜日から、できる範囲で、週間マイ・ベストセレクションをやっていくことにしました。
昔のアカウントみたいに1日500コラボとか膨大な数はありませんが、それでも1週間で400前後のコラボがありますので、余裕で選べると思います。
逆に適度なコラボ数なので時間的にも可能なこともあります。
これ以上増えるとちょと厳しいかな…(^_^;)

内容は、
日曜日から土曜日までの1週間単位
私の伴奏とのコラボサウンド
フォローの有無に関係なく
私の独断と偏見←重要!
でこのサウンドは素敵だから、もっとほかのユーザーに聴いてもらいたいと思ったサウンドを3~5曲(内容によっては前後します)紹介します。

多数ある場合は、先ほどの理由で拍手やコメントの少ないサウンドを優先したいと思っています。

また、素晴らしいユーザーをたくさん紹介したいので、1度紹介させていただいたユーザーは、その後1か月は選考から外させていただきます。


私と同じ考えを持っている方や、素敵なサウンドを聴いてみたいという方がいましたら、是非、聴いてあげて欲しいと思います。
ただし、あくまでも私の独断と偏見ですので、苦情は受け付けませんm(_ _)m

また、いくら私をフォローしたり、私の伴奏とコラボしたからといっても、私が紹介したいと思わなければセレクションには入りませんので、ご了承ください。
それに、また以前のように膨大なコラボ数になると、健全な私のnanaライフが送れなくなるので…(^_^;)

私が、こんなことをはじめても焼け石に水かもしれませんが、そんな小さな一歩でも踏み出さなければ、純粋に音楽をやろうといてるユーザーのためのnanaには近づかないと思っています。

nanaがまだ初期の頃、文原社長と会うと、よく社長が、
将来nanaでミュージシャンを育てられたらいいな
とお話しされていて、すでにメジャーデビューしているユーザーもいますが、そんな芽を摘まないように、伸ばせるようなnanaになればと思います。


ちなみに、私の伴奏とのコラボ以外のサウンドも入ってますが、2014年の年末にやった
ベストセレクション2014はこちらです。


…が、当時のアカウントを削除していますので、見れません(^_^;)
ただ、当時の選考したデータが残っていましたので、参考まで…

https://nana-music.com/sounds/032af908/


なお、2014年当時のセレクションですので、退会したりサウンドを削除したものもあるかもしれませんので、ご了承願います。

それでは、また…

↑このページのトップヘ