nanaでlalala…~弾き語りおやじの独り言~

iphoneアプリ「nana」のことやDTMのことなど徒然に・・

素敵なnanaユーザーさんの音源を動画化しました。
https://youtu.be/WVQ8yQ9zblk
https://youtu.be/b9wIFWl7rYs

おやじの独り言

本日8月30日で、nanaに初投稿して4年が経ち、今日から5年目に入りました。
これを機に、ブログのメインタイトルを、このブログを立ち上げた時のタイトル「nanaでlalala…」に戻しました。
そして、今までの「弾き語りおやじの独り言」をサブタイトルとしました。

先日の記事にも書きましたが、ここ2か月くらいの間に、色々と環境や気持ちの変化があって、自分が音楽をやっていく原点を見つめ直したところですが、nanaもこのブログも初心に返って、5年目を一から再スタートすることにしました。

ところで、最近、ブログを放置気味でしたが、それでも毎日300人以上の方が訪問してくれていて、ページビューも500~600あります。
まだまだnanaの情報源は少ないんでしょうね。

そんな中で、今まではPCでnanaに投稿できないかというタイトル記事が、いつもアクセストップでしたが、ここのところ、nanaで歌を録音する方法が、これと争うようになってきました。

それとは別に、先日、いつもの楽器屋さん(7月にnanaのイベントをやったお店)にいったところ、店員さんから「昨日もnanaをやっているお客さんが来て、ギターの弾き語りをいい音でnanaに投稿したいんだけどと言って、機材を買っていきましたよ」と聴きました。
7月のイベント効果がじわじわと出てきているようです。
9月か10月にまたイベントをやるとのことで、お手伝いに行く予定です。

そんなんことで、全てのユーザーさんではないと思いますが、自分の音楽は、できるだけいい音で聴かせたいという、人間としての向上心というか欲求がある方が増えてきたのかなと感じているところです。

実は、最近、別な目的で手に入れた機材が、なんと!という使い道があることを知り、お~!
となりましたので、近々記事にしたいと思います。

そう言えば、以前のように、おすすめユーザーさんとかお気に入りコラボなんかも、また紹介していきたいなと思っています。

そんなことで、これからも録音機材や録音方法など、いい音で投稿したいと思っているユーザーさんの参考になる記事を書いていきたいと思いますので、5年目も引き続き弾き語りおやじをよろしくお願いします。

それでは、また…

昨日、nanaの文原社長と3年ぶりにお会いしました。
こちらに要件があるとのことで、都合がつけばお会いしたいと、一昨日、連絡が入り、お久しぶりの再会でした。

もともと、nanaがプレリリースされて間もなくからのお付き合いで、私が東京に住んでいた頃は、何度がお会いしていたのですが、東京を離れてかれこれ3年間無沙汰でした。

たしか、文原さんとは、この日が最初だったでしょうか…
http://nana-hikigatarioyaji.blog.jp/archives/19748079.html

そのころは、まだまだユーザー数も少なくて、もっとnanaを楽しくしようと、nanaのオフィスにアクティブなユーザーさんの有志が集まって、色々と情報交換などをしていました。
その中には、いつのまにかユーザーからnanaのエンジニアになられた方もいらっしゃいます。
私は、nanaの情報についてのブログを書くようになったのも、その時からで、色々な意味で、その時に集まっていたユーザーさんとは、初期のnana戦友といった感じで、今でも上京した時にお会いするなどお付き合いさせて頂いてます。

文原さんとは、1時間半くらい、久しぶりに情報交換をさせて頂いて、今後のnanaについても少しお聞きすることができました。

そして、今回、nanaのピックを作ったということで頂きました。

nanaピック2

なんかもったいなくて使えないですね。(^_^;)


さて、今回は、どちらかというとnanaでワンランク上を目指す人の参考になればということで、書いてみたいと思います。

あくまでも、今ままで約3年9か月、伴奏を投稿して色々なコラボを、おそらく何万曲も聴いて感じた、私なりの主観的なお話ですので、全ての人がそう思っているかというと、多分そうではなくて、話半分で読んで頂けたらと思います。

私が思うところに、nanaで一番厳しくコラボを聴いているのは、伴奏を投稿しているユーザーだと思います。
それは、自分の投稿した伴奏音源の音を大切にしているからで、特に自分の音源とのコラボを厳しく聴いているような気がします。

nanaでは、伴奏音源投稿ユーザーさんも、最初のうちは、コラボされると嬉しくて、通知が来たら聴く前から拍手して、コラボして頂いたユーザーさんに「コラボありがとうございました。」とコメントを書くと思います。
ところが、投稿音源数が増えてくると、それに比例してコラボ数も増え、いつのまにか収拾がつかなくなってしまいました。

私の場合は、最大1日の通知が1,000通くらいで、平均してコラボは400~500件くらいだったたような気がします。
そうなると、もう全て聴くことすら不可能な状態ですよね。

そんな状態でも聴きnanaはするのですが、限られた時間を有効に使うため、聴く音源を選ばなければなりません。

私が、その時に、上手い下手に関係なく自分の伴奏音源を良く聴き、自分の音を大切にしてくれている人のコラボを聴きます。
実は、コラボを聴かせていただくと、自分のギターの音を良く聴いて音に寄り添ってくれているなと感じることができるんです。
そんな自分の音を大切にしてくれている人の音源を優先的に聴かせて頂いて、時間があればコメントもさせて頂いてました。

伴奏音源を投稿しているユーザーさんに純粋にコメントを頂いている歌い手さんは、きっとそんなことからだと思って間違いないと思います。

音を大切にしている全てのユーザーさんの音源を聴いているのかというと、今書いたとおり、コラボ数が増えると不可能で、聴けていないことも多々あると思いますが、続けていくといつかは、聴くことができるのかなと思っています。

いつも書いてますが、nanaは音と音がつながるところだと思っています。
最初は、全然注目されていなくとも、厳しい耳で聞く伴奏音源投稿ユーザーが注目し始めると、おそかれはやかれ、きっとnana全体からも注目される存在になると思っています。
だからといって、しつこく売り込むのはかえって逆効果ですので、ご注意ください。

歌は、上手いにこしたことはありませんが、そもそも上手いってなんなの?ですよね。
きっと三者三様で、聴く人によって変わるモノだと思っています。

もし、ワンランク上を目指したい方は、まずは、聞こえている音を大切にして歌ってみてはいかがでしょうか。
きっと、伴奏音源を投稿しているユーザーさんの、その音に対する思いが見えてきて、自然と伴奏音源と一体感のある音楽ができるはずです。

少なくても、私は、上辺だけ上手く聞こえる人よりは、音を大切して歌ってくれるユーザーさんの方が、何か心に届くモノがあるような気がします。

伴奏音源投稿ユーザーは、あなたの歌が聴きたいわけではなく、自分の音源の中で歌っているあなたの歌が聴きたいと思っているはずです。
それが分かると、また一つ音楽の世界が広がると思います。

それでは、また…

今日は、気持ちも新たに、DTMのすすめについて書いてみます。

DTMとは、Desk Top Musicの略です。
簡単に書けば、パソコンを使って音楽を作ることでしょうか。

音楽を作ると言っても、皆さんが想像するように、パソコンにデータを打ち込んで音を鳴らすだけではなく、ギターやボーカルを録音する、いわゆるレコーディングもDTMに入ります。

はっきり言って、それなりの装備があれば、楽器が何も演奏できなくても、立派な音楽が作れてしまいます。

私は、自分で演奏できる楽器は録音して、自分でできないドラムとかストリングスやブラスなどは打ち込みしています。

今や、クリエーターだけではなく、バンドをやる人やボーカルだけの人も、このDTMをやっています。

先日、ある楽器店の方からお話を聞きましたが、10代の女性がマイクを買いに来たので、色々聞いたところ、あるレコード会社の育成歌手なのですが、レコード会社から歌のオケデーターをDAWに読み込んで、録音して練習したり、それをレコード会社に送ったりしているそうです。
今や、歌手の方もDAWが使えなければならないとのことでした。

最近では、プロの方でも自宅で作って、そのままマスタリングしてCDにしたりしているそうです。

いずれにしても、これから本格的に音楽をやろうとしている方はDTMの扉を開いた方が良いと思います。

私も、本格的にDTMを初めて、もう10年以上経ちますが、最初は、自分の弾き語りを録音して、音楽の投稿サイトにアップロードしていました。

ところでDTMといっても、実際は、先ほど書きましたDAWというパソコンソフトを使うわけですが、
大雑把に分けて

・ midiの打ち込み
・ 楽器やボーカルの録音
・ 録音したミキシング

となります。
その中で、私が音楽的に一番勉強になったのが、ミキシングでした。
実際の音楽制作では、ミキシングエンジニアと呼ばれる専門のエンジニアがいるくらいで、各音の調整やバランスをとります。

何が勉強になったかというと、私はギター弾きですから、どうしても曲の中で、ギターを中心に置きたいわけですが、曲全体を見た時に、けしてギターの音を中心にしてはいけないのです。
それこそ、ギターリストとしての私と、ミキシングエンジニアとしての私の格闘が始まるわけです。

nanaでも、良くありますが、伴奏音源とコラボする時に、伴奏音源を全く無視し、ボーカルだけを聴かせている人がいます。
音楽の楽しみ方は人それぞれですから、良いことは良いのですが、もっとCD等で、音のバランスなんかを聴いて、より音楽になるような気がします。

私も、曲を作るまでは、全く同じ状態でしたから…(^_^;)

それでは、DTMを始めるにはどうしたらよいのかというと、今まで、私のブログを読んで頂いて、オーディオインターフェイスを購入された方がいましたら、もっとも近道の方だと思います。
おそらく、一緒にマイクとかも買っていると思いますので、あとは、DAWというソフトがあれば、とりあえずは、始められます。
そして、実は、オーディオインターフェイスによっては、入門用のDAWが付属しているものもありますので、もし、これからオーディオインターフェイスの購入を考えている方は、その辺も検討材料に入れたらよいと思います。

音楽の作り方は、それこそ分厚い本になるくらいの内容なので、ここでは詳しくは書きませんが、本格的な音楽の第一歩となることは間違いないと思います。

ちなみに、私が最近作った曲です。
これは、ある楽器店のコンテストに応募したモノです。




さて、nanaで言うと、たとえば、DTM音源のアイコンがついている伴奏が作れるだけでなく、一人で何種類かの楽器を録音する場合、nanaだけだと、どうしても重ねる度に音質が悪化しますが、パソコンで多重録音してまとめた音源を投稿すると、非常にクリアな完成音源を投稿できます。

あとは、ギターやピアノなどで伴奏音源を投稿されている方も、一旦パソコンで録音しておくと、私みたいに、えいっ!とアカウントを消しても、投稿する時間はかかりますが、同じ曲を演奏することなく、パソコンに録音した音源を簡単に投稿し直すことができます。

私の場合は、ギターを弾くことが楽しみなので、どちらでも良いのですが、ベストテイクを投稿するためには、それなりの時間が必要ですから、今までの音源を投稿し直す場合は、あらかじめパソコンに録音しておいた方が良いと思います。

ちなみに、私が今まで投稿したDTM音源は、全てパソコンに保存されていますし、ギターだけの音源も最近投稿した30曲くらいあるので、新しいアカウントを作っても、簡単に50曲くらい投稿できることになります。

そんなことで、今回は、DTMについて、簡単に書いてみました。
これから、もし機会があれば、少しずつ詳しく書いてみようと思います。分の方が、多くの人と繋がって、拍手もたくさんもらって…と考えていると思いますが、私も最初はそうでしたが、やっぱり音楽ですから、たった一人でも自分の音楽を聴いてくれれば満足なんです。
それより何より、ミュージシャンとして通じ合えるユーザーさんが一人でもいれば楽しいと思います。

たとえば、100人のフォロワーがいるとしますが、その方全員が、自分の投稿を聴いてくれるとは限りません。
拍手をたくさんもらっても、本当に聴いてくれているのかも分かりません。
フォローしているからと義理で拍手をもらっても…

100人の義理拍手よりも、ちゃんと自分の音楽を聴いてくれた1人の拍手の方がはるかに嬉しいです。

皆さんは、拍手をくれているフォロワーの拍手の数を見たことがありますか、その方の拍手の数が、本当に90秒聴いて拍手をしている数でしょうか…

全てのユーザーが、そうではありませんが、私は、見せかけの数字より、量より質を重んじたいと思ってます。

フォロワー数とか音源の拍手数が少なくても、素敵なユーザーさんは、nanaにはたくさんいますよ。

それでは、また…

札幌周辺のnanaユーザーの皆さんに朗報です。
先日、私がいつもDTM関係の機材を購入している札幌市内の島村楽器パルコ店さんに行き、いつもお世話になっている店員さんと機材関係のお話をしている時に、偶然nanaの話題になりました。
島村楽器さんはnanaと提携しているので、東京の新宿とかではお店にnanaコーナーがありますとお話しすると、興味を持って頂きました。
そして、その店員さんから「nanaコーナーを作ったので見に来てください。」と連絡が入り、今日早速のぞいてみました。

1

楽器店ですから、もちろんnanaの録音機材関係のコーナーです。
ここに展示されている機材は、店員さんにお願いすれば、ユーザーさんの端末を持ち込んで店内のスタジオで試用ができるそうです。
また、オーディオインターフェイスやマイクなどの相談にも、きっと乗ってくれると思います。

そんな中、私が今日一番の興味を持ったのが、RolandのVE1というボーカルプロセッサーです。

2

これは何かというと、マイクとオーディオインターフェイスの間に接続するリバーブ(エコー)です。
以前からnanaのリバーブは深すぎて、私はほとんど使うことはありませんし、レビューでも掛かり具合を調整できるようにして欲しいというコメントもちらほら見かけます。

話を元に戻しますが、この機器を使うとリバーブの種類と掛かり具合を調節して録音することができます。
それなりの値段(16000円くらい)はしますが、nanaだけではなく、色々な録音に使うことができますし、PC用のみですがのオーディオインターフェイスにもなるので、ボーカルの方にはおすすめです。
詳しくは、店員さんにお聞きください。

そしてもう一つ、7月くらいに、このお店で録音関係のイベントを企画しようかというお話なりました。
私もお手伝いさせて頂くことになりそうです。
まだまだ計画段階ですが、今までこのような企画は東京だけでしたので、札幌周辺の方が対象になりますが、地方のユーザーさん向けのイベントが開催されるというのは、とてもうれしいですね。

ゆくゆくは、DTMユーザーさんにも参加して頂いて…などと色々とお話をしてお店を後にしてきました。

それでは、また…

最近、今日のブログタイトルのハッシュタグを見かけた方はいませんか?

あるユーザーさんの呼びかけで、

カラオケやCDなどの著作権のある音源を違法に投稿することをやめましょう!

という趣旨のものです。

私は一応、アマチュアですが、ミュージシャン兼クリエーターだと思っているので、著作権については非常に気を遣っているつもりです。

まず最初に、ちょっとくらいならいいのでは…と考える方もいると思いますが、これは、音楽を作って生計を立てている人がいる以上、この人たちの利益を保護しなければならないのです。
大勢の人がちょとくらいならと考え、違法行為に走ると、ちょっとではなくなってしまいますよね。

無料アプリだから問題ないじゃない?
と考えられますが、有料とか無料とかは関係なく、例えば、カラオケを歌いたい人がnanaで歌えるので、カラオケに行く回数が減る→カラオケを提供している人の利益が減る
という理論です。

つまり、nanaでカラオケ音源やCD音源を投稿している人は、音楽で生活している人の利益を剥奪している盗人と同じだと言うことです。

だから、著作権を侵害すると処罰されるのです。

どんな刑罰が科せられるかというと

nanaでカラオケボックスでカラオケを流したものを録音したり、CDの音源を加工したり、youtubeやニコ動などの音源を無断で投稿した場合は、
「5年以下の懲役または500万円以下の罰金」
です。

もうひとつ重要なのは、違法な音源であることを知っていて、これをダウンロードした人も
「2年以下の懲役または200万円以下の罰金」
となります。
これが、大切で、nanaで、「あれ、これってカラオケを録音した音源みたいだけど、この曲歌いたいからコラボしちゃおう」というのも、一時的にもユーザーの端末にデータがダウンロードされますので、これに当たる可能性が高いです。


そもそも著作権ってなんだ!と思われる方もいますが、著作権を語れば1冊の本ができるくらいのものなので、簡単に言えば、音楽については、その曲を作った方の権利です。

例えば、
その曲を歌う権利
その曲を演奏する権利
その曲を公の場で流す権利
その曲を売り出す権利

などなど、その曲に関する一切の権利です。
なので、その曲を売ったりすることは、もちろんのこと、歌ったり演奏したりすることも、作者の承諾を得なければならないと言うことです。
ただ、個人的に著作権を管理することは不可能に近いので、この著作権の管理を委託されている団体があります。

えっ?その曲を作った人に無断で歌ったらだめなの~
それじゃnanaは違法じゃない!
と考えられますが、実はnanaは、この著作権を管理する会社に対して歌ったり演奏したりする承諾を貰っているのです。
もちろん有償です。

おそらく、nanaユーザーでどれだけの方が、この著作権について意識しているか予想はできますが…
一応、アプリ上からもnanaでの著作権について知ることができます。
マイページの左上の歯車のアイコンをタップすると設定画面になり、真ん中から下の方にFAQがあります。

2


そこを選択すると3番目に「nanaのルール」がありますので、中を見ると

3



著作権についての説明があります。
4

そこを見ると詳しく書かれているので是非、一度読まれることをおすすめします。
5
6
7
8
9
10

ボカロも最近JASRACで管理されている曲が増えてきているので、管理曲は、自分で演奏した音源は問題ありませんが、それ以外のものや、ニコニコ動画からダウンロードしたものを直接又は加工して投稿したりするのも違法の可能性が高いです。
ニコニコ動画は、nanaと同じようにニコニコ動画の中だけでの二次利用は許容されていますが、それ以外の二次利用は著作権者(演奏者を含みます。)が明らかにニコニコ動画以外での利用の承諾を表明している物以外は、直接著作権者から承諾を得る必要があります。

さて、ここで問題が発生していて、以前音源のコメントにも書きましたが、エイベックスが、JASRACから脱退するということで、このままnanaが新たな管理会社イーライセンスと契約を結ばなければ、管理から離脱した曲を投稿したら著作権違反となってしまうと言うことです。
私は、槇原敬之以外のアーティストには興味はないのですが、そうでないユーザーの方もいると思うので、運営には早急に対処して欲しいと思っています。

※ 12/20現在、最近イーライセンスについても、nanaで包括契約されたようですので、安心して投稿できます。


それから、もう一点言わせていただければ、このような著作権に違反した音源を投稿しないようにというのは、ユーザー有志から出るのではなく、運営がもっと力を入れるべきことだと思っています。

おそらく運営側はアプリをダウンロードしてユーザー登録する時に表示されるとか、今回書いたアプリからFAQで見ることができると言い訳すると予想されますが、それは逃げ口上で、もし実際にユーザーが著作権法違反で検挙された場合、はっきり言って、この逃げ口上は通用しないだろうと思います。

なぜかというと、これだけユーザーが騒いでいると言うことは、運営側も分かっていることだし、もともと違法音源が投稿されていること自体認識していると思います。
そうなると、運営側が違法投稿を放置しているという見方をされます。
その時に、
知っていて、なぜユーザーがもっと認識できる方法で知らせないのか
利用規約に違反する事項なのにアカウントを剥奪しないのか、音源を削除しないのか…
などなど、つっこみどころ満載の状態です。

もちろん、今の投稿数で全てを管理することは不可能だと思いますが、少なくても、以前提案したことがあったのですが、
ユーザーが投稿する度に
「カラオケや市販CDなど著作権のある音源を投稿したら違法です。
処罰されます。
確認の上投稿ボタンを押してください!」
と表示して注意喚起しているとか、違法音源を積極的に削除するなど、積極的なアクションが必要だと思います。

youtubeでは、すでにこのような内容が投稿の度に表示されているし、違法音源は無音化されたりして視聴することができなくなっています。
このような措置をとらなければ、nanaの管理責任を問わざるを得なくなるのではないでしょうか。

ユーザのほとんどは法律にはなじみはないと思いますが、実際に身近なところに大きな落とし穴があると言うことです。

著作権を侵害すると
5年以下の罰金または500万円以下の罰金
重いと思うかどうかは、皆さん方の判断にお任せします。
当然、これに加えて著作権者からは損害賠償を請求されることは言うまでもありません。

捕まらないと思っている方…nanaは、ユーザー数が多くなり、結構注目されているアプリです。
それと未成年者がその大半を占めるというのも問題ですからね…

いずれにしても、まだまだ十分ではありませんが、nanaにはたくさんの素晴らしい伴奏音源があります。
違法音源の需要がなければ供給は減ります。
このような犯罪を助長しないよう、違法音源かなと思う伴奏は「絶対に無視」するようにしましょう。

あとは、運営側の伴奏の投稿に対する意識を変えることでしょうかね…
歌い手中心の運営から少しでも伴奏投稿ユーザーに視点に向けていただけたらと思っています。
伴奏投稿のレベルが上がれば、それが結果的に違法音源の根絶とまではいきませんが、減らすことになることに気づいて欲しいものです。

それでは、また…

↑このページのトップヘ