nanaでlalala…~弾き語りおやじの独り言~

iphoneアプリ「nana」のことやDTMのことなど徒然に・・

素敵なnanaユーザーさんの音源を動画化しました。
https://youtu.be/WVQ8yQ9zblk
https://youtu.be/b9wIFWl7rYs

ギター入門講座

私は、男のせいか、
基本的に男性が女性の曲を歌うのは、生理的に受け付けませんが…(^_^;)
女性が、ちょっと低めに男性の曲を歌うのは、普通に聴けます。

だけど、できれば自分のキーにあった伴奏を弾きながら歌いたいですよね。
そこで、今日はギターの伴奏を自分のキーに合わせる方法を書いてみます。
あくまでも、初心者の方を対象に書いていますので、
そんなこと簡単だよと思う方は、今回はスルーして下さい。

まずは、基本のキですが、自分が出せる声域を理解することです。
一般的に、楽に出せる地声の最高音が
男性であれば
F4#
女性であれば
B4♭
くらいだと思います。

私も男性の曲を転調して女性キーにするときは、トップの音をB♭かBにします。

ただ、あくまでも一般的な話で
中には、男性でもC5などのハイトーンボイスが出せる人もいます。
女性でも高い声はあまり出せないと言う人もいると思います。

ところで歌う時に最高音ばかりに気になりますが、実は最低音が大事だと思っています。
最高音は、訓練すればある程度は上げられるし、裏声に逃げることもできますが、低い声は、ある程度はテクニックでカバーできますが、声帯の長さにも関係してくるのでどうしようもない部分があります。

特に、高い声が出る男性の曲はレンジが広く、2オクターブ近くでなければ歌えない曲もあります。
ですので、女性が男性の曲を歌う時は、選曲も大事だと思います。

さて、本題に入ります。

想定は、女性が男性曲を転調して自分のキーに合わせる方法です。
なぜ?
最初に書きましたよね。(^_^;)

例えば、これからの季節に歌われるであろう
レミオロメンの「3月9日」ですが、
キーがFでメロディーのトップの音がG4になります。
ちなみにボトムの音はC3です。
けっこうレンジの広い曲ですね。

私はこの曲を
オリジナルキーから半音4つ分上げてトップの音がB4
にしています。
なぜかと言うと、高い音ではなく低い音がC3なので女性にはかなりきついからだと思ったからです。
4つ上げてもE3ですから、コラボを聴いていても、特に声変わりがしていない若い女性は辛そうに歌う方が多いです。
このあたりは、悩みどころでした。

ここで、トップの音を4つ上げるのだから、単純にカポを4フレットに装着して弾けば良いんじゃないのと思いますが、この曲のコードは
F Am B♭ C Dm
で、B♭がかなり強敵です。
前半のアルペジオは簡単なパターンですが、後半のストロークは4フレットにカポを装着すると、おそらく鳴りがかなり鈍ると思います。

ですから、単純に上げだけカポを装着するのではなく、4つ上げたキーがなになるのかをまず見ましょう。
先ほど書きましたが、
女性用には、オリジナルから半音4つ分キーを上げてますので、
オリジナルがFなのでキーを4つ上げると
F#(+1) G(+2) G#(+3) A(+4)
で、キーがAになります。

そこで、FをAに転調すると
F→A Am→C#m B♭→D C→E Dm→F#m
となります。
C#mとF#mがバレーコードになりますが、4カポでB♭を弾くよりは簡単だと思います。(私の場合)

もう一つ、バレーコードを一つでも減らしたいと言う方は、
Aをカポ2で弾きましょう。
するとコードは、
A→G C#m→Bm D→C E→D F#m→Em
となり、カポなしで弾くよりは簡単になります。

※ カポタストを装着したコードの転調方法はこちらの記事を参考にして下さい。
http://nana-hikigatarioyaji.blog.jp/archives/43380916.html


「自分のキーに合わせてギターコードを転調する」をまとめると
◎ まず、オリジナル曲のトップ、ボトムの音と自分の歌える声域とを比較して、半音幾つ上げるのか(下げるのか)を決める。

◎ 次に、上げ下げした分だけ、例のチャートを使ってコードを転調する。

◎ 転調したコードが弾きやすいように、カポタストを装着したコードに転調する。

◎ 最後に、どうしても転調したコードが難しい時は、半音~1音下げたり上げたりしてみる。

です。

今回は転調を2回していますが、基本は、あくまでも前回説明した転調方法になります。

コードを1つ1つ転調するのが面倒…と考える人は、楽譜サイトを見るのも一つの方法ですが、私はコードの転調はギターを上手く弾く練習よりも、はるかに簡単なことですので、ギター弾きとしてそのくらいの努力は惜しまないで頑張って欲しいと思います。

この前も書きましたが、慣れればコードを見た瞬間に、このコードを転調したら何になるって分かるようになりますので、まずは慣れることが大事です。

それでは、また…

まずは、今日のnanaのマイページです。
001

フォローしていただいた方が4人になりました。
目標500人…先が全然見えませんね…(^_^;)
まあ、急ぐ旅ではないので、のんびりとやります。
この調子でいくと、もしかしたら戻れないかも…と思い始めました。

ただ、今のアカウントでは、「弾き語りおやじと」は、全然違うユーザーさんとの交流があって、数は少ないですが、新鮮な気持ちでやらさせていただいていますので、それはそれで良いのかな~とも思っています。

だいたい、このあたりでnanaを見切って辞める人と嵌っていく人に別れるような気がします。
歌の人は、もう自分まかせにどんどん歌っていくのでしょうね。
ただ、拍手やコメントなどの反応があると、なんとなく面白くなってきますが、何もないとつまらなくなってくるのかな…
と、そんな気がしてます。


さて、昨日に引き続いて、カポタストを使って弾く時のコードの転調について説明します。
昨日は鍵盤を使って、鍵盤の数で説明しましたが、今日はもっと簡単に転調する方法を説明します。

まず、昨日のコードをもう一度書きます。
Gm D7 Gm B♭ F7 B♭ Gm E♭ F7 Gm

ところで、カポタストを装着すると言うことは、1フレットあたり半音ずつ上げることになりますよね。
つまり、
1フレットにカポタストを装着すると、半音1つ分上がりますので、
そこでEmを弾くと
Emの半音うえですからFmになります。

この原理が分かりますでしょうか?

昨日鍵盤を表示しましたが、
音が半音ずつ上がると
Cを基準に考えると
C→C#→D→D#→E→F→F#→G→G#→A→A#→B→C
と言う順番になります。

通常は半音上がると#がつきます。
更に半音上がると次のアルファベットになります。

ところが、EFとBCの間だけは#がありません。
昨日の鍵盤を思い出して下さい。
C

このEFとBCの間には黒鍵がありませんよね。
なので、Eの半音一つ上はE#ではなく次のFになります。
同じように、Bの半音上はB#ではなくCになります。

コードの話に戻しますが、
カポを1フレットに装着すると、半音一つ上がりますので、
そこでEmを弾くと半音上のFmになります。
C→C#→D→D#→→F#→G→G#→A→A#→B→C
             (半音1つ)

次にカポを2フレットに装着すると、半音2つ上がりますので、
そこでEmを弾くと半音2つ上のF#になります。
C→C#→D→D#→→F→F#→G→G#→A→A#→B→C
              (半音2つ)

次にカポを3フレットに装着すると半音3つ上がりますので、
そこでEmを弾くと目的のGmになります。
C→C#→D→D#→→F→F#→→G#→A→A#→B→C
               (半音3つ)

これをもっと分かりやすく書くと
E(基準)→F(カポ1)→F#(カポ2)→G(カポ3)→G#(カポ4)→A(カポ5)…
となります。

これは、カポタストを装着して弾くコードを基準にして書いていますが、今度は反対から転調していきましょう。


Gmを転調して弾く時は、
カポを1フレットに付けてGmを弾けば、半音上がってG#mになってしますので、
G→G#
逆に、カポを1フレットに装着した場合は、Gmの半音下のコードで弾かなければなりません。

Gmの半音下のコードは
C→C#→D→D#→E→F→F#→G#→A→A#→B→C
                     (←半音1つ下げる)
F#になります。
ですから、1フレットにカポを装着してF#mを弾けばGmを弾くのと同じコードになります。

同じように、カポ2フレットに装着すると半音2つ上がるので、逆にGmから半音2つ下げたコードを下げます。
C→C#→D→D#→E→→F#→→G#→A→A#→B→C
                (←半音2つ下げる)
つまり、2フレットにカポを装着してFmを弾けばGmになります。

そしてカポを3フレットに装着すると半音3つ上がるので、逆に半音3つ下げたコード
C→C#→D→D#→→F→F#→→G#→A→A#→B→C
              (←半音3つ下げる)
Emで弾けばGmになります。

と言う方式で考えると、例えば、A♭(G#)というコードをカポタストを装着して簡単に弾くコードを探す時は、
A♭を基準にカポを1フレットずつ上げる(半音ずつコードを下げる)と簡単に見つかります。
A♭では、カポ1だとA♭から半音下げてGになりますので、
カポを1フレットに装着すると、Gで弾けることになります。

ですから、紙に
C→C#→D→D#→E→F→F#→G→G#→A→A#→B→C
と書いて、カポの装着するフレット数だけ矢印の反対側にずらしていけば、そのカポを装着した状態で弾くコードが分かります。
そこで、半音ずつの音を直線で並べても良いのですが、これを円上に書けば、繋がって分かりやすくなります。
つまり、それが例の魔方陣みたいなやつなんです。
capoチャート
このチャートでは、時計回りに半音ずつ上げた音になっているので、カポを装着したフレット数だけ時計と反対回りの音を調べると、転調したコードが分かる仕組みになっています。

もう一度最初のコードを…
Gm D7 Gm B♭ F7 B♭ Gm E♭ F7 Gm
これをカポタストを装着して、弾きやすいコードに転調します。

転調するコードはGmでマイナーコードですから、チャートのアルファベットにmを付けてみることにします。

カポタストを装着するフレット数を決めるには、時計と反対回りに見ることになりますので、Gから時計の反対回りに見ると…3つめにEがありますのでEmになります。
ここで、Emだと簡単に弾けるぞ!
となってカポを3フレットに装着することが決まります。

次に、他のコードも転調します。
カポ3ですから、他のコードも時計の逆回りに3つ目のコードが転調のコードになります。

Gmの次はD7ですので、
Dから時計の逆回りに3つ目…
Bですから、7を付けて
B7
になります。

次はB♭です。
B♭(A#)から時計の逆回りで3つ目…
Gですね。

次にF7です。
Fから時計の逆回りで3つ目…
Dですから、゜7を付けて
D7です。

最後にE♭(D#)です。
E♭(D#)から時計の逆回りで3つ目…
Cですね。

これを最初のコード表に当てはめて転調すると
Gm D7 Gm B♭ F7 B♭ Gm E♭ F7 Gm
が、カポ3で
Em B7 Em G  D7 G   Em C  D7 Em
となります。

いかがですか、このチャートがあると簡単に転調できますよね。

実は、慣れてくると、
Gmを3カポEmだから、
半音3つ下げ
だからB♭はG…
とコード符を見ながら頭の中で転調しながら弾くことも出来ます。

まだ、コードの形を見ただけで、転調のコードが分かるようになります。

それまでは、このチャートを利用して転調していただけたらと思います。

ここまでで、何か質問はありますか?
あれば、コメントいただければ、お答え致します。

さて、明日は転調についての最後に、
ギターで弾き語りする時、キーを自分に合わせるための転調の仕方について説明したいと思います。

それでは、また…

アコギを弾いている人であれば、キーがFやBmなどのバレーコードの場合は、カポタストを装着して弾いた方が手が楽ですよね。
ところが、カポを装着すると、元のコードを装着後のコードに転調しなければならないので、敬遠する人もいるとか、いないとか…

そこで今日は、カポタストを装着して弾く場合の転調の方法について書いてみます。

まず、曲の調(キー)ですが、譜面の調号を見れば大体分かります。
例えば、♯も♭付いていない場合は、長調であればC(ハ長調)、短調であればAm(イ短調)になります。

もう一つ、音階(スケール)ですが、
長調音階(メジャースケール)は、
例えば、Cであれば、
C(ド) D(レ) E(ミ) F(ファ) G(ソ) A(ラ) B(シ) C(ド)
となります。

C

短調音階(マイナースケール)は、
例えば、Amでありば、
A(ラ) B(シ) C(ド) D(レ) E(ミ) F(ファ) G(ソ) A(ラ)
となります。
Am

さて、ここからが本題ですが、例えばこのコードの曲

Gm D7 Gm B♭ F7 B♭ Gm E♭ F7 Gm

をカポを付けて弾く場合を説明しましょう。

長年ギターを弾いていると、Gmを見た瞬間に、3カポでEmと出てくるのですが、なぜなの?を説明しなければなりませんので、少し回りくどい説明をします。

まず、Gmですが、Gmのmはマイナーのmです。
カポを装着すると言うことは、バレーをしないで弾きたいからなので
バレーをしないで弾けるマイナーコードを挙げてみると

Am Em Dm

の3つになりますね。

それでは、この3つのマイナーコードについて、どこのフレットにカポを装着すればGmになるかを説明します。

まず、Amからです。
上の短調のところの鍵盤を見て下さい。

AからAまで文字を入れてありますが、AmをGmにするためには、幾つ音(鍵盤)を上げなければなりませんか?
6つですか…ブ~!×

よく見て下さい。
白鍵はB C D E F Gの6つ目ですが、黒鍵もありますよね。
AB、CD、DE、FGの間に全部で4つの黒鍵があります。

ですから、
白鍵6つ+黒鍵4つ=10
になります。

つまり、この鍵盤の数が半音の数になります。

ギターの半音1つが1フレットになっていますので、
Gmをカポタストを装着してAmで弾くためには、10フレットにカポタストを装着しなければなりません。

カポタストをフレットの高い位置に装着すると、ギターが弾きづらくなるので、できれば低いフレットにカポタストを装着したいですよね。

そうすると、Am Em DmからGmまでの鍵盤数が一番少ないのは…
そう、Emになりますよね。

上の鍵盤のEからGまでの鍵盤数は、
白鍵が2つ(F G)黒鍵が1つ(FG間)で合わせて3つになります。

つまり、半音3つ分ですので、
3フレットにカポタストを装着するとEmで弾けることになります。

実際には、Gmは3フレットをバレーして、4、5弦の5フレットの押さえるので、形はカポタストを3フレットに装着したEmと同じなので、こんな面倒くさいことをしなくても、直ぐにわかりますが…

それでは、
Gm D7 Gm B♭ F7 B♭ Gm E♭ F7 Gm
のうち、Gmを除いたコードは、どう見ても3フレットをバレーするコードではないので、どうしたらいいのでしょうか?
実は、知る人ぞ知る、あの魔方陣のようなチャートがあれば、簡単に…
…と、ここで今夜も遅い時間になりました。
実は、明日の午前中は仕事で、今日はもう寝なければならないので、
続きはまた明日に書きます。

それでは、また…

なんとか、今月中にと思っていたこの初心者ギター講座もようやく今月号が完成しました。(^_^)v

さて、今回は中島みゆきの「時代」です。

今回の講座の動画です。


それでは、動画の補足説明をします。

まず、コードですが、ここのコードが良いと思います。
http://www.ufret.jp/song.php?data=1019

2番と最後サビの間奏ところで、最後の部分にGsus4というコードが出てきます。
このサイトではハイポジションのコードが示されていますが、こちらのローポジションのコードもありますので、押さえやすい方を使って下さい。

Gsus4


この曲のリズムですが、3連符というリズムになります。

4分の4拍子であれば、1小節に4分音符4つ入ります。
前回の「ひこーき雲」では、8分音符のアルペジオをやりましたが、

8分音符は4分音符の半分の長さですので、
1小節には8個の8分音符が入ります。

そして、3連符は、4分音符の3分の1の長さですので、
1小節に12個の音符が入ります。
下の図を見ていただくと、それぞれの関係が分かります。

そして、この音符の数がアルペジオを弾く音の数になります。
3連符
1小節に1つのコードの場合は
3連符のアルペジオだと12個の音を弾きます。
ただし、普通は2拍(4分音符2つ分~3連符6個分)ひとかたまりのパターンですので、
同じアルペジオパターンを2回弾きます。

下の図がアルペジオのパーターン(2拍~6個分)です。
③連符弾く順番

次に、1小節に2つのコードの場合は、上の図のパターンが1回ですので、
コード一つにつき3連符6個を弾きます。

そして、1小節に4つのコードが入っている場合は、
4分音符1つにつき1つのコードですので、
コード一つにつき3連符3個を弾きます。
上の図では、①~③までです。

今回の「時代」では、コードのパターンが
1小節にコード1つ
1小節にコード2つ
小節にコード4つ
と3つのパターンがあります。


次に、コードチェンジのコツです。
今回は2つあります。

まず一つ目は
Aメロの最後のフレーズ
「そんな時代もあったねと
いつか話せる日が来るわ~」

「日が来るわ」
のコードで、
F→D7→C
のところです。

ここでは、
FとD7が1拍(3連符3個)ずつになります。
そして高音弦を2弦と3弦しか弾かないので、
Fから4弦のベース音を弾いていた指を離して
4Fの開放弦を鳴らし
Fと同じ2弦3弦を弾けばD7となります。
FD7
なぜ、同じかというと、上の図のD7のコードは、本来Dm7のコードで、D7にするためには、1弦2Fではなく3Fとなります。
ところが、このアルペジオのパーターンでは、1弦を弾かないので、どこを押さえていても関係ないのです。
ただし、共鳴してしまうことがあるので、可能であれば1弦はミュートした方が良いと思います。

次に、Bメロの最後のフレーズ
「今日の風に吹かれましょう」

「吹かれましょう」
の部分で、コードは、
F→G7→C
です。
FとG7が1拍(3連符3個)ずつになります。
ここでは、ローコードでG7を押さえても良いのですが、Fの形のまま下に2フレットスライドした方が、音的にも格好良く聞こえると思います。
本当は、この押さえ方ではG7ではなく、Gになるのですが、曲の流れから言っても問題はないと思います。

FG7
2フレット分を下にスライドさせると言うことは、Fを半音2つ上げると言うことですので
F→F♯→G(G7)
となります。


最後に、アルペジオとストロークの使い分けですが、

歌い出しの
「今はこんなに…」~ストローク

1番
 とおしでアルペジオ

2番
 A、Bメロ~アルペジオ
 サビ~ストローク

その後、2番のサビから最後までストロークで良いと思います。


ざっと説明しましたが、もし不明なところがあれば、遠慮なくコメントいただければと思います。
もしかしたら、間違っているところもあるかもしれませんので…m(_ _)m

さて来月は何にしょうかな…(^_^)

それでは、また…

昨日、一昨日とブログの更新をしていませんでした。
実は、記事は書いたのですが、内容がやばくて、投稿ボタンを押せませんでした。
なので2日連続でボツにしました。

ここは、グッと自分の胸の内に仕舞っておくことにしました。
そんなことで、今日は気持ちを新たに、この記事を書いています。

今日は、懸案だったギター講座の動画を撮りました。
明日編集して、撮り直しがなければ、明日のうちに記事にしたいと思っています。

そして、動画撮りのあとは、さっきまで、ひたすらボーカルの練習でした。
なんとか今月中には、Bridge Over Troubled Waterを完成させたいです。
声は出てきているので、後は、細かなピッチやニュアンスを仕上げて行く予定です。

ところで洋楽を歌う時に大事なのは、歌詞の意味を理解して歌うことだと思っています。
フレーズ一つ一つを上手く表現しなければ、歌の魂が抜けてしまうからです。
少なくても歌っている本人が歌詞の意味が分からないというのは、歌以前の問題だと思っています。

次に発音ですが、日本人が良くやるのが、子音抜けです。
特に、d、l、m、n、s、t 当たりが抜けやすくなります。

私は、まず歌詞を見ながらオリジナルを聴いて、なぜその発音になるかを考えて、その後は、オリジナルの音まねではなく、自分なりの発音でフレーズを歌っています。
変な発音をして、言葉にならないよりは、はっきりと通じる言葉の方がずっと良いと思っています。

それと英語は、言葉遊びの要素が豊富で、韻を踏んでいたり、同じ意味でも単語を変えたりしています。
特に韻は良く出てきます。

例えば、EaglesのDesperadoでは、1番のサビで

Don't you draw The Queen of Diamonds boy
She'll beat you if she's able

Now it seems to me some fine things
Have been  laid upon your table 

で、フレーズの最後の「able」と「table」がそうですね。
あと2番では、「younger」と「hunger」とかです。
この韻を意識して歌うことも大事です。

日本では、桑田佳祐がけっこう韻をふんでますね。

歌の話が出たついでに、nanaでは、大きく分けると伴奏を投稿するユーザーとその伴奏を"使って"歌うユーザーになると思います。
私は、伴奏の比率が高いですが、時々、他のユーザーさんの伴奏を"使わせて貰って"歌うことがあります。
歌う時は、自分が弾き語りの時に弾くギターの音を聴くように、伴奏の音を聴いて感じながら歌います。

弾き語りやバンドなどで音楽をやる時は、ボーカルと楽器との意思疎通が出来て初めて音楽が完成します。
逆に一方通行だと音楽としては未完成だと思っています。

普段カラオケしかやらない方も、nanaでは、たくさんの素晴らしい伴奏がありますので、良く伴奏の音を聞いて、自分の歌が伴奏に上手く寄り添っているかを感じながら歌うと、素晴らしい音楽になると思います。

仲間同士では、上手いなと思っている歌でも、伴奏を投稿しているユーザーが聴けば、
うわべだけで中身が何もない歌だなって
敏感に感じ取っていると思います。

それは伴奏を投稿しているユーザーは、自分で演奏したりして作り上げた自分の音に思い入れがあるからで、カラオケのように使われていると、辛い思いをしますよね。

nanaでは、そうしなければならいというルールはありません。
自由に歌ってかまわないのです。

ですが、いくらバーチャルな世界でも、その向こう側には、歌ったり、伴奏を演奏したりする人がいて、その人達とのコミュニケーションでなり立っていると思います。

ただ歌って楽しければ良いと思っている方は別にして、少なくても歌い手としてnanaで歌っている方は、伴奏を意識して欲しいなと思うし、そうすることで素晴らしいボーカリストになると思います。

当たり前のことなのですが、私は、伴奏を大切にしてくれているユーザーさんをお気に入りにしているし、これからもそうしていこうと思っています。

参考まで。

それでは、また…

↑このページのトップヘ