nanaでlalala…~弾き語りおやじの独り言~

iphoneアプリ「nana」のことやDTMのことなど徒然に・・

素敵なnanaユーザーさんの音源を動画化しました。
https://youtu.be/WVQ8yQ9zblk
https://youtu.be/b9wIFWl7rYs

DTM

またまたお久しぶりの投稿になってしまいました💦

さて今回は、どちらかというとDTM未経験の方を対象に、私がどのようにDTM音源を作っているのかを紹介するために、私のDTM音源の制作方法を動画にしましたので、その記事を書いてみました。

ただし私のDTM音源は、バンド伴奏音源となっていますので、ご了承ください。

今回制作した音源は
岩崎良美の「タッチ」
です。
この曲は、以前のアカウントの時にアコギで投稿していたようないないような…
ですが、前からバンド伴奏を作りたかった曲なので、課題曲にしてみました。

ギター以外は、ネットのバンドスコアを見て制作しています。

制作の概略は
midiの打ち込み
ギターを録音するためのオケ作り
ギター録音
最終ミックス
となっています。

まず、今回制作してnanaに投稿した伴奏は、こちらです。

https://nana-music.com/sounds/02ba01ff/

次に動画の内容ですが3部構成担っています。
音源制作作業に掛かった時間は、正確に計ってはいませんが、10時間くらいだと思いますが、それを全部動画にすることはできませんのでかなり省略しています。
それでも1部、2部が約40分、3部が短くて16分になっています💦

第1部(約40分)では
Cubaseを使用して、シンセのプラグイン音源を鳴らすためにmidiデーターを入力しています。
今回は、
ドラム
ベース
ピアノ
シンセ(SuperSaw)
の4つのプラグイン音源を使用しています。




第2部(約40分)では
第1部で打ち込みしたmidiデーターを、ミックスしやすいように音声データーに変換して、Protoolsで読み込み、ギターを録音するためのオケにするために仮ミックスしています。



第3部(約16分)では
第2部で仮ミックスしたオケにギターを録音し、最終ミックス(省略)をしています。



3部作を全部観るのは大変ですので、時間のない方、DTM未経験の方は
一番短い第3部のギター録音だけ
でも観ていただければ、DAWを使ったDTM音源制作の概略がつかめるのではないかと思います。

というか、私はギター弾きなので、ギター録音だけでも見て欲しいというのが本音です(^_^;)

第3部のギター録音をみて、このギターのオケはどうやって作っているんだろうと興味を持たれた方は、第1部から遡って観てくださいね。

そんなところで、DTM音源ってどうやって作っているのと疑問を持たれているDTM未経験者の方が、この動画を観て、なんとなくこんなものかと感じていただけたらと思います。

次は、DTM音源のnanaへの投稿について動画を交えた記事にしたいと思っていますが…いつになるかな💦

それでは…

今日は、気持ちも新たに、DTMのすすめについて書いてみます。

DTMとは、Desk Top Musicの略です。
簡単に書けば、パソコンを使って音楽を作ることでしょうか。

音楽を作ると言っても、皆さんが想像するように、パソコンにデータを打ち込んで音を鳴らすだけではなく、ギターやボーカルを録音する、いわゆるレコーディングもDTMに入ります。

はっきり言って、それなりの装備があれば、楽器が何も演奏できなくても、立派な音楽が作れてしまいます。

私は、自分で演奏できる楽器は録音して、自分でできないドラムとかストリングスやブラスなどは打ち込みしています。

今や、クリエーターだけではなく、バンドをやる人やボーカルだけの人も、このDTMをやっています。

先日、ある楽器店の方からお話を聞きましたが、10代の女性がマイクを買いに来たので、色々聞いたところ、あるレコード会社の育成歌手なのですが、レコード会社から歌のオケデーターをDAWに読み込んで、録音して練習したり、それをレコード会社に送ったりしているそうです。
今や、歌手の方もDAWが使えなければならないとのことでした。

最近では、プロの方でも自宅で作って、そのままマスタリングしてCDにしたりしているそうです。

いずれにしても、これから本格的に音楽をやろうとしている方はDTMの扉を開いた方が良いと思います。

私も、本格的にDTMを初めて、もう10年以上経ちますが、最初は、自分の弾き語りを録音して、音楽の投稿サイトにアップロードしていました。

ところでDTMといっても、実際は、先ほど書きましたDAWというパソコンソフトを使うわけですが、
大雑把に分けて

・ midiの打ち込み
・ 楽器やボーカルの録音
・ 録音したミキシング

となります。
その中で、私が音楽的に一番勉強になったのが、ミキシングでした。
実際の音楽制作では、ミキシングエンジニアと呼ばれる専門のエンジニアがいるくらいで、各音の調整やバランスをとります。

何が勉強になったかというと、私はギター弾きですから、どうしても曲の中で、ギターを中心に置きたいわけですが、曲全体を見た時に、けしてギターの音を中心にしてはいけないのです。
それこそ、ギターリストとしての私と、ミキシングエンジニアとしての私の格闘が始まるわけです。

nanaでも、良くありますが、伴奏音源とコラボする時に、伴奏音源を全く無視し、ボーカルだけを聴かせている人がいます。
音楽の楽しみ方は人それぞれですから、良いことは良いのですが、もっとCD等で、音のバランスなんかを聴いて、より音楽になるような気がします。

私も、曲を作るまでは、全く同じ状態でしたから…(^_^;)

それでは、DTMを始めるにはどうしたらよいのかというと、今まで、私のブログを読んで頂いて、オーディオインターフェイスを購入された方がいましたら、もっとも近道の方だと思います。
おそらく、一緒にマイクとかも買っていると思いますので、あとは、DAWというソフトがあれば、とりあえずは、始められます。
そして、実は、オーディオインターフェイスによっては、入門用のDAWが付属しているものもありますので、もし、これからオーディオインターフェイスの購入を考えている方は、その辺も検討材料に入れたらよいと思います。

音楽の作り方は、それこそ分厚い本になるくらいの内容なので、ここでは詳しくは書きませんが、本格的な音楽の第一歩となることは間違いないと思います。

ちなみに、私が最近作った曲です。
これは、ある楽器店のコンテストに応募したモノです。




さて、nanaで言うと、たとえば、DTM音源のアイコンがついている伴奏が作れるだけでなく、一人で何種類かの楽器を録音する場合、nanaだけだと、どうしても重ねる度に音質が悪化しますが、パソコンで多重録音してまとめた音源を投稿すると、非常にクリアな完成音源を投稿できます。

あとは、ギターやピアノなどで伴奏音源を投稿されている方も、一旦パソコンで録音しておくと、私みたいに、えいっ!とアカウントを消しても、投稿する時間はかかりますが、同じ曲を演奏することなく、パソコンに録音した音源を簡単に投稿し直すことができます。

私の場合は、ギターを弾くことが楽しみなので、どちらでも良いのですが、ベストテイクを投稿するためには、それなりの時間が必要ですから、今までの音源を投稿し直す場合は、あらかじめパソコンに録音しておいた方が良いと思います。

ちなみに、私が今まで投稿したDTM音源は、全てパソコンに保存されていますし、ギターだけの音源も最近投稿した30曲くらいあるので、新しいアカウントを作っても、簡単に50曲くらい投稿できることになります。

そんなことで、今回は、DTMについて、簡単に書いてみました。
これから、もし機会があれば、少しずつ詳しく書いてみようと思います。分の方が、多くの人と繋がって、拍手もたくさんもらって…と考えていると思いますが、私も最初はそうでしたが、やっぱり音楽ですから、たった一人でも自分の音楽を聴いてくれれば満足なんです。
それより何より、ミュージシャンとして通じ合えるユーザーさんが一人でもいれば楽しいと思います。

たとえば、100人のフォロワーがいるとしますが、その方全員が、自分の投稿を聴いてくれるとは限りません。
拍手をたくさんもらっても、本当に聴いてくれているのかも分かりません。
フォローしているからと義理で拍手をもらっても…

100人の義理拍手よりも、ちゃんと自分の音楽を聴いてくれた1人の拍手の方がはるかに嬉しいです。

皆さんは、拍手をくれているフォロワーの拍手の数を見たことがありますか、その方の拍手の数が、本当に90秒聴いて拍手をしている数でしょうか…

全てのユーザーが、そうではありませんが、私は、見せかけの数字より、量より質を重んじたいと思ってます。

フォロワー数とか音源の拍手数が少なくても、素敵なユーザーさんは、nanaにはたくさんいますよ。

それでは、また…

発表されたときから、これは!と思っていたiRig Acousticを手に入れて、
実際にどんな音がするのか
録音機材として使えるのか
をテストしてみました。

1
3



テスト内容は、アコースティックギターを弾いた音を、iRig Acousticと同時に、コンデンサーマイクとオーディオインターフェイスを使用して録音してその音を比べてみました。

iRig Acousticのスペックなどは、こちらを参照してください。
http://www.ikmultimedia.com/jp/products/irigacoustic/

同時に録音で使ったマイクは
audio-echnica AT-4040
です。

AT4040



録音方法は、iRig AcousticとiPhoneを接続し、iRig Acousticのモニター端子出力とマイク出力をオーディオインターフェイスに入力し、DAW(Pro Tools)で録音しました。

14


15


使用したオーディオインターフェイスは
Focusrite Forte
です。
12



今回の録音ソースに使用したギターは、
Martin D-41です。

4


iRigは、ギターのサウンドホールに取り付け、マイクは、ギターから25cmくらいで13~14フレットあたりを狙いました。
8

9


この状態で、

○ 指弾きのアルペジオからストローク
○ ピック弾きのアルペジオからストローク

の2種類をテストしました。

まずは、指弾きのマイク録音です。


次に、指弾きのiRig Acoustic録音です。



続いてピック弾きのマイク録音です。



最後にピック弾きのiRig Acoustic録音です。


いかがでしょうか?

音は好き好きがあるので、こうだとは言い切れませんが、正直、ここまでの音が出るとは期待していませんでした。

個人的な感想としては、マイク録りと比べてとても中音域が膨らんでいて、暖かみのある音になっていますね。
その反面、膨らみすぎてボワボワした音になりやすいので、この音を使うときは、EQで少し削ってやる必要がありますね。

勘違いされている方もいるかもしれませんが、このiRig Acousticは、ピエゾやハムバッカーといったピックアップタイプではなく、マイク録音なんです。

ただし、iRig Acousticから音は一旦、iPhoneやiPadなどの端末にインストールした専用のアプリAmpli Tube Acousticを使用しなければ、この音は出ません。

マイク録りの音と比べると、音のベースは変わっていないので、100パーセントモデリングの音とも違うような気がします。

中には、今回は私が使用したマイクやオーディオインターフェイスがiRig Acousticて比較して貧弱な物だからなのではと思う方もいると思いますが、今回、私が使用した機材をネットで検索していただければ、どの程度のものかわかると思います。

マイクは今でもプロのスタジオで使っている方もいますし、オーディオインターフェイスもプロ用ではありませんが、中級機だと思っています。

さて、次に、私が普段使っている音楽アプリnanaでこのiRig Acousticが使えるのか?ということですが、私の機材環境では使えますが、普通にiPhoneしか持っていない方は、はっきり言って使えません。

このiRig Acousticを使うためには、先ほど言ったアプリAmpli Tube Acoustic
http://www.ikmultimedia.com/jp/products/acousticios/
が必要になります。

つまり、iPhoneはこのアプリでつかってしまうため、さらにもう1台のiPhoneかiPadとiOS用のオーディオインターフェイスが必要になります。

ただし、将来的にnanaがガレージバンドなどと同じようにInter-App Audio対応になれば、iPhone1台で両方のアプリを立ち上げ、Ampli Tube Acousticの音を直接nanaに録音することができるのですが....
おそらく現状では、ほぼ可能性はゼロだと思っています。

そんなことで、私は現在iPhoneとiPad(嫁さんのお下がり)とiOS用のオーディオインターフェイスを持っているので、これを使ってnanaに投稿してみました。
 http://hibari.nana-music.com/wp/00e529e5/

ちなみに、nanaに直接iRig Acousticの音を録音してできないことはないのですが、こんな音になってしまうので、事実上は無理ですよね。(^_^;)
 http://hibari.nana-music.com/wp/00e522ce/

そんなことで、いつかnanaがInter-App Audio対応になることを夢見て、今日はこの辺で

それでは、また...

おそらく、このブログに訪問していただいている方はほとんどがnanaユーザーの方だと思いますが、検索ワードを見ると中にはDTMerやギターリストの方もちらほらいるみたいです。

そこで今日は、まだnanaユーザーでない方のためにプロモーションをしてみようかと思います。

ギターリストやDTMerの中には、楽器は弾くけどボーカルはちょっと…という方が、以外と多いと思います。

今から10年くらい前、私がちょうど宅録を始めた頃に、プレイヤーズ王国という音楽の投稿サイトがありました。
そこには、自分で楽器を弾いたり打ち込みをしてオケを作り、そのオケで自らが歌う方もいましたが、ボーカルを他の方にお願いする方も結構いました。

そして、まもなくボーカロイドが世に出始め、自分で歌わない方はボーカロイドに歌わせるようになりました。
今のボカロPのはしりですね。

私もボカロはやりますが、ボカロはボカロの良さがあり楽しむことができますが、やはり生身の人間のボーカルにはかなわないところがたくさんあります。

しかし一般のDTMerや宅録をしている方が、そう簡単に自分のお気に入りのボーカリストに歌入れをしてもらうなんてことは中々できず、日々ボカロの調教に苦労しているのが現実だと思います。

ところが、私が今やっているスマホの音楽アプリの「nana」では、曲の伴奏オケを作ったり、ギターやピアノなどを弾いて伴奏を投稿すると、その伴奏を聴いて歌いたいと思ったユーザさんが、投稿した自分の伴奏に歌を入れてくれるのです。
それも、お願いしなくても…

nana上では90秒という制限がありますが、DTMで作ったり、楽器を弾いたりして投稿した伴奏に歌が入ると、なんとも言えない達成感が生まれます。

またnanaでは、コミュニケーション機能もあるので、何度が歌ってくれたユーザーさんとコメントのやりとりをしたり、twitterなどの外部のSNSで人間関係を作れば、今度はnana上だけではなく、OFF会を兼ねてレンタルスタジオなんかでPCを持ち込んで本格的に自分のオケに歌入れのレコーディングをしてもらったりなんてことも不可能ではないと思っています。

中には、nana上で知り合ったユーザーさん同士が、リアルでライブをしている方もいます。

ちなみに、nanaでは楽器の伴奏や歌の投稿などが1日2万音源あるそうです。
4秒に1音源の割合になります。

ユーザー層は、10代の女性が全体の4分の3位を占めていますが、中にはベテラン…の方もちらほらいらっしゃって、70年代、80年代の曲でも歌ってくれます。
また、今の10代の方でも意外と、その頃の曲を歌ってくれたりして、日々、自分の投稿した伴奏とのコラボを聴くのが楽しみになります。

ただし、投稿数が多くなると、それだけ歌ってくれたコラボ数も多くなりますが、すべて聴けなくて当たり前のことですので、気にせずにマイペースで楽しめば良いと思います。

さて、素敵なボーカリストと書きましたが、私が投稿した伴奏で歌ってくれたユーザーさんの音源の一部を紹介します。
 
http://hibari.nana-music.com/wp/0eowNSg0zo/

http://hibari.nana-music.com/wp/0075aafd/

まだまだたくさんのボーカリストさんが、1日に2万曲近く投稿しています。
そんなボーカリストさんが、貴方の投稿した伴奏で歌ってくれることを想像してみてください。
…いかがでしょうか?

ところで、なぜ、私が今回nanaをプロモしたかというと、先ほども書きましたが、今のnanaのユーザー層が若干偏っていて、もっと幅広い年齢層の方にnanaで音楽を楽しんで欲しいという思いがあります。
特に、昔音楽をやっていて、現在眠っているミュージシャンの発掘をしてみたいという狙いもあります。

また、歌いたい伴奏がないからといって、違法なカラオケ音源を投稿したりといった行為も目にしますので、そんな違法音源の投稿を防ぐためにも、もっとたくさんの伴奏が必要になります。

最後に、このアプリのHPを紹介ます。
https://company.nana-music.com/

この記事を見ていただいたDTMerやミュージシャンの皆さん、是非nanaにお越しください。
でお待ちしています。

それでは、また…

今回は、何日かぶりにトラック制作に戻ります。
前回まで、ベース、キック、スネアのミックスをしましたが、今日は、それにハイハット、シンバル、タムをミックスします。
ミックスの解説本によると、ハイハットは大胆にEQで調整するみたいなことが書いてありましたが、私は私の感覚で、精一杯大胆に…(^_^;) EQしました。
といっても、実は、EQのプリセットにお任せでした。m(_ _)m
HH EQ

次にハイハットのコンプですが、これは、プリセットではなく、聴きながら調整です。
ところで、このLA2-Aのモデリングは、INのゲインとピークリダクション(音を圧縮する量)のつまみだけで調整できるので、とても重宝しています。
まずは、INを30くらいから上げ下げしながら、リダクションのつまみを調整してコンプ感を聴きなが決めれます。
今回はこんな感じです。

HH CP


次にオーバーヘッド録音です。
いつもは、オーバーヘッドは、ハイハットとシンバルを出力するのですが、今回は、ドラムセット全部の音をまとめて出力したので、ちょっと失敗でした。
それで、マイクに一番近いのは多分シンバルなので、シンバルの音が目立つようにイコライザーを調整しました。
OH EQ

続いて、コンプはハイハットと同じようにLA2-Aを使いました。
OH CP

最後にタムです。
タムは、ハイタムからフロアータムまで一つのトラックにまとめて、低音域がキックやスネアと被らないように、カットしています。
TOM EQ

コンプは、EQと同じ種類のコンプを使いました。
TOM CP

そして、その後それぞれのトラックに他のトラックと同じ種類のリバーブを掛けて、音量調節してまとめました。
これが、ベースとドラムトラックのまとめたものです。
音は、分かりやすいようにノーマライズしています。


これから、ギターやストリングを入れた時に、バランスをとるために微調整は入りますが、ほぼこの感じでミックスしていくと思います。

次回は、アコギとエレキギターを入れていこうと思います。


ところで、今朝、弾き語りおやじのTwitterのアカウントを削除しました。

Twitterは、2年半前にnanaを始めるためにアカウントを作成したのですが…
ただ、nanaの他にギターやDTMの情報収集の用途もあるので、今までその用途で使っていた別アカは残しています。
ですから、これからTwitterは、情報収集のためだけのツールになりました。
けっこう重要な情報がリアルタイムで入手できています。

Twitterは、特に無言のフォローは別に気にならず、フォロワーさんのプロフィールを見て、趣味の合う人であればフォローさせて貰っていました。
ただ最近は、鍵付きの方にフォローされると、いったいこの人はどんな人なんだろうと、何も判断できず、困惑していました。
使いようによっては、便利ツールなのかもしれませんが、そんなフォローとかフォロワーの関係とか、あまりはっきりとは言えませんが、諸々なことが納得出来ませんでした。

なので最近は、ほとんどツィートすることもなく、おそらくこのブログの更新通知くらいだったと思います。

10年以上前から、ブログでコミニュケーションをとっていた私には、そんなシステム自体が性に合わず、フォロワーさんには黙って申し訳ありませんでしたが…m(_ _)m
アカウントを削除させていただきました。

さてnanaについてですが…それは、また次の機会にお話しします。

それでは、また…

↑このページのトップヘ