nanaでlalala…~弾き語りおやじの独り言~

iphoneアプリ「nana」のことやDTMのことなど徒然に・・

素敵なnanaユーザーさんの音源を動画化しました。
https://youtu.be/WVQ8yQ9zblk
https://youtu.be/b9wIFWl7rYs

今日の検索から

やっぱり自宅はいいですね。
ところが、今までの住宅は勤務先の隣にあったので、通勤時間は徒歩1分でしたが、転勤してからは電車通勤で約1時間になり、生活リズムも少し変わってきています。

早く出勤しなければならない分、就寝も早くなり、全体的に音楽をやる時間が少なくなってきています。
それで、このブログの更新も、週末でなければ厳しくなってきました。
まあ、無理して更新する必要もないので、マイペースでやっていこうと思っています。

さて、今日の記事のカテゴリーのとおり「今日のブログの検索ワード」をみてみようと思います。

8

今日の検索ワードの1位は「nana どうやって録音してる?」でした。
まだまだ、使い方がわからない方がいらっしゃるみたいですね。

次に2位が「nana 拍手 たくさんもらうには」です。
拍手は、たくさん貰えるとそれだけ、多くの人に自分の音楽を聴いて貰えているように思えますが、中には義理で拍手をしている人もいるような気がしますので、高めを望んでいる方であれば、あまり拍手数にこだわっても仕方ないですね。

まずは、自分の音楽を自分で聞いて、その音楽がどうなのかを感じた方がいいと思います。
よい音楽には自然と人が集まってくるような気がします。

ところで昨日の1位は「nana ステレオ」でした。
ご存じの通り、nanaはモノラル録音になっています。
ステレオ録音、ミックスができれば音楽の世界ががらっと変わりますが、無料であることを考えれば、それも妥当な線だと思います。

私は、毎日この検索ワードを見るのが楽しみで、中には、未だに「弾き語りおやじ」を探してくださる方もいます。
うれしい限りです。

アカウントを新しくして1ヶ月半が過ぎ、別に隠しているわけではないのですが、まだまだ今の状態が心地よくて、当面は現状維持でいこうと思っています。

また、最近、弾き語り専用のアカウントを作って時々練習を投稿しています。
ボーカルの練習もしばらく止まっていたので、リハビリをかねて、声の状態やギターとのコンピネーションを探っているところです。

nanaは、こんな風に練習状態を簡単に録音できて、それを聞いて次の練習にフィードバックできるのがいいですね。
こちらも当面は、こんな使い方をしていこうと思います。

次の更新は、週末かな...

それでは、また...

以前にも、「自分のサウンドをたくさんの人に聴いて貰うためには」という記事を書いたのですが、
http://nana-hikigatarioyaji.blog.jp/archives/42751406.html

最近、「nanaたくさん再生してもらうには」の検索ワードでこのブログに来ていただいた方がいましたので、また違った角度から記事を書いてみたいと思います。
 
伴奏を投稿しているユーザーであれば、人気のある曲の伴奏を投稿し、ツボにハマれば再生数は延びるし、コラボ数も増えます。
しかし歌い手のユーザーであれば、そう簡単にはいきません。
今まで、色々なユーザーのサウンドを聴かせていただきましたが、本当に歌が上手いユーザーでも再生数が少ない人がたくさんいます。
それだけ、今のnanaでたくさんの人に聴いて貰うことは難しいと思います。

私も時々そう思うことがありますが、そんな時は、
今聴いてもらいたい
そのサウンドは、たくさんの人に聴いてもらえるサウンドなのか?

そもそも、なぜ、たくさんの人に聴いてもらう必要があるのか?
と自問自答しています。
 
プロのミュージシャンが、飯の種として音楽をやっている場合は、それこそ、たくさんの人に音楽を聴いてもらえなければ、ミュージシャンはもとより売り出す会社も商売になりません。

アマでも、自己表現の形として、自分の音楽をより多くの人に聴いて貰うためには、路上をやったり、セルフプロモートしてライブハウスでやったり、それなりに苦労しています。

それなのに、ただnanaで歌うだけでは、そう簡単には聴いてもらえる訳がありませんよね。
それだけ、音楽はシビアで厳しい世界だとおもいます。


フォロワーを増やして、義理で形だけの再生数、拍手数を増やすのが良いのか

自分の音楽を磨いて、少ないけど、ちゃんと自分の音楽を聴いてくれて、その音楽にお世辞ではないコメントをくれる人がいるのが良いのか

どちらが良いのでしょう…

見せかけの人気をとるか
少ないけど自分の音楽を気に入って聴いてくれるリスナーを作るか

当然、私は後者を選択することは、言うまでもありません。
それはアマですが、ミュージシャンとしての私のポリシーです。

だから、今は、新しいアカウントにして、フォロワーも少なく、コラボも少なく、以前から比べれば淋しくなるくらいの感じですが、色々な意味で、今の方が充実して自分の音楽がやれているような気がします。

なので皆さんも、再生数を増やすことだけを考えるのではなく、常に自分の音楽を見つめ直してはいかがでしょうか。
そうして自分の音楽を磨き積み重ねていくことが、いつかたくさんの人に自分の音楽を聴いてもらえることに繋がるのではないかと思います。

人気はいつか廃れますが、身につけた実力は廃れることはありません。
あせらず、じっくりと自分の成長をみるのも、nanaの楽しみ方の一つだと思います。(^_^)

ちなみに、ただカラオケ代わりにnanaを使って楽しんでいる方には適当な記事ではありませんので、ご了解いただきたいと思います。m(_ _)m

それでは、また…

※ PCを使ってインターネットから直接nanaに投稿できるようになりました。
  http://nana-hikigatarioyaji.blog.jp/archives/52094777.html


※ おそらく、検索でこの記事に来られた方が多いと思いますが、まずは、こちらの記事を読んで見てください。
  http://nana-hikigatarioyaji.blog.jp/archives/46936866.html


今日は、「今日の検索から」という新しいカテゴリーを使いしました。
これは、その日の検索ワードから選んで記事にしたものです。
5
この中で、1、12、15位にランクされている
パソコンでnanaができないのかと言うことについて書いてみます。

…といっても、説明することは何もなく、
出来ないんです。(^_^;)

nanaは、iOSまたはAndroidアプリなので、スマホ以外からは投稿することはできません。
将来的に、youtubeやSoundCloudみたいに、webページから投稿できるようになれば良いなと思っているのですが、どうなんでしよね。

ただ、パソコンからから直接投稿は出来ませんが、パソコンで作った音源はオーディオインターフェイスを経由してiPhoneやAndorido携帯から投稿できます。

私は、iOS用のオーディオインターフェイスしかないのかと思っていましたが、最近、iRig HD-AというAndoroid用の機器が発売されていました。
http://www.ikmultimedia.com/jp/products/irighda/

これを使えば理論上はAndoroidからも投稿できるはずなのですが、実際に投稿出来るかどうかの確認はとれていませんので自己責任でトライしてみて下さい。

★楽天でiRig HD-Aを検索★

★amazonでiRig HD-Aを検索★


方法ですが、
あらかじめパソコンのDAWで作ったデータをWAVやMP3ファイルに書き出しておきます。
機器の接続は、パソコンのラインアウト端子とオーディオインターフェイスのインプット端子をオーディオケーブルで接続し、そのオーディオインターフェイスとiPhoneなどを接続します。

そして書き出しておいたファアイルを再生すると、オーディオインターフェイス経由でiPhoneなどのスマホに入力されるので、再生しながら録音レベルを設定し録音レベルが決まったら、パソコンで再生させるのと同時にnanaの録音ボタンを押せばOKです。

ちなみに、14位の「nanaのURLの作り方」ですが、
作りたいサウンドの詳細画面の真ん中にあるこのアイコンをタップします。
1

するとメニューが出てきますので、下から2番目の「サウンドURLをコピー」を選択するとクリップボードに保存され、貼り付けたいところにペーストすればOKです。

ちなみに、一番下の「nana専用リンクをコピー」を選択して、ペーストすれば、webページではなくnanaのサウンドに直接飛びます。
※ 現在はiOSのアップデートに伴い必要なくなり、この機能が削除されています。

ただしこの機能は、nanaをインストールしているスマホだけに有効です。
2

ところで、このサウンドを見て思い出しましたが、先週nanaがアナウンスした「1万人の卒業式」の企画はどうなったんでしょうかね。
詳細の発表は今週とか書いてあったような気がしましたが…
まさか、放置なんてことはないですよね。(^_^;)

それでは、また…




↑このページのトップヘ