nanaでlalala…~弾き語りおやじの独り言~

iphoneアプリ「nana」のことやDTMのことなど徒然に・・

素敵なnanaユーザーさんの音源を動画化しました。
https://youtu.be/WVQ8yQ9zblk
https://youtu.be/b9wIFWl7rYs

伴奏

おそらく、このブログに訪問していただいている方はほとんどがnanaユーザーの方だと思いますが、検索ワードを見ると中にはDTMerやギターリストの方もちらほらいるみたいです。

そこで今日は、まだnanaユーザーでない方のためにプロモーションをしてみようかと思います。

ギターリストやDTMerの中には、楽器は弾くけどボーカルはちょっと…という方が、以外と多いと思います。

今から10年くらい前、私がちょうど宅録を始めた頃に、プレイヤーズ王国という音楽の投稿サイトがありました。
そこには、自分で楽器を弾いたり打ち込みをしてオケを作り、そのオケで自らが歌う方もいましたが、ボーカルを他の方にお願いする方も結構いました。

そして、まもなくボーカロイドが世に出始め、自分で歌わない方はボーカロイドに歌わせるようになりました。
今のボカロPのはしりですね。

私もボカロはやりますが、ボカロはボカロの良さがあり楽しむことができますが、やはり生身の人間のボーカルにはかなわないところがたくさんあります。

しかし一般のDTMerや宅録をしている方が、そう簡単に自分のお気に入りのボーカリストに歌入れをしてもらうなんてことは中々できず、日々ボカロの調教に苦労しているのが現実だと思います。

ところが、私が今やっているスマホの音楽アプリの「nana」では、曲の伴奏オケを作ったり、ギターやピアノなどを弾いて伴奏を投稿すると、その伴奏を聴いて歌いたいと思ったユーザさんが、投稿した自分の伴奏に歌を入れてくれるのです。
それも、お願いしなくても…

nana上では90秒という制限がありますが、DTMで作ったり、楽器を弾いたりして投稿した伴奏に歌が入ると、なんとも言えない達成感が生まれます。

またnanaでは、コミュニケーション機能もあるので、何度が歌ってくれたユーザーさんとコメントのやりとりをしたり、twitterなどの外部のSNSで人間関係を作れば、今度はnana上だけではなく、OFF会を兼ねてレンタルスタジオなんかでPCを持ち込んで本格的に自分のオケに歌入れのレコーディングをしてもらったりなんてことも不可能ではないと思っています。

中には、nana上で知り合ったユーザーさん同士が、リアルでライブをしている方もいます。

ちなみに、nanaでは楽器の伴奏や歌の投稿などが1日2万音源あるそうです。
4秒に1音源の割合になります。

ユーザー層は、10代の女性が全体の4分の3位を占めていますが、中にはベテラン…の方もちらほらいらっしゃって、70年代、80年代の曲でも歌ってくれます。
また、今の10代の方でも意外と、その頃の曲を歌ってくれたりして、日々、自分の投稿した伴奏とのコラボを聴くのが楽しみになります。

ただし、投稿数が多くなると、それだけ歌ってくれたコラボ数も多くなりますが、すべて聴けなくて当たり前のことですので、気にせずにマイペースで楽しめば良いと思います。

さて、素敵なボーカリストと書きましたが、私が投稿した伴奏で歌ってくれたユーザーさんの音源の一部を紹介します。
 
http://hibari.nana-music.com/wp/0eowNSg0zo/

http://hibari.nana-music.com/wp/0075aafd/

まだまだたくさんのボーカリストさんが、1日に2万曲近く投稿しています。
そんなボーカリストさんが、貴方の投稿した伴奏で歌ってくれることを想像してみてください。
…いかがでしょうか?

ところで、なぜ、私が今回nanaをプロモしたかというと、先ほども書きましたが、今のnanaのユーザー層が若干偏っていて、もっと幅広い年齢層の方にnanaで音楽を楽しんで欲しいという思いがあります。
特に、昔音楽をやっていて、現在眠っているミュージシャンの発掘をしてみたいという狙いもあります。

また、歌いたい伴奏がないからといって、違法なカラオケ音源を投稿したりといった行為も目にしますので、そんな違法音源の投稿を防ぐためにも、もっとたくさんの伴奏が必要になります。

最後に、このアプリのHPを紹介ます。
https://company.nana-music.com/

この記事を見ていただいたDTMerやミュージシャンの皆さん、是非nanaにお越しください。
でお待ちしています。

それでは、また…

nanaの新しいアカウントで、コラボ数はそこそこ増えてきたものの、フォロー数があまり伸びません。
そこで昨日からDAWで1曲トラックを作って投稿することにしました。
いわゆる「飛び道具」というやつですね。(^_^;)

昨日から、作業を始めて、
昨日は
リズム、ストリングスを打ちこみ
ベース、エレキギターを録音

今日は、
アコギを録音してミックス
…と先ほどようやくミックスが終わり投稿しました。

おかげで、予定していた
「弾き語りのための転調」
は、延期となっています。m(_ _)m

今回、ベースを久しぶりに弾いたら下手すぎて、凹みました。(>_<)
フレットの幅がギターより広くて、感覚をつかむのにしばらく掛かりました。

いつもトラック作りでミックス作業をしている時に、
自分の録音したギターの音をどう出すか
曲に合わせて、どう削るか
の狭間に置かれて、ジレンマに陥ります。

ギターリストの自分と客観的に音楽を作る自分とがいて、妥協点を見いだすのに悩んでいます。

ある意味、曲を作り上げると言うことは、自分の音楽を客観的にみることが出来るので、とても勉強になります。
録音している時も、音楽を作る自分からギターを弾く自分に
もっとちゃんと弾け!
と檄が飛びまくります。

今は、アマチュアミュージシャンでも、ライブだけではなく、自分でDAWを使って音楽を作りネット等にアウトプットする時代になっています。
そんな意味では、アマとプロの境目が極めてなくなっているような気がします。

前にも言ったような気がしますが、プロよりも上手いアマチュアミュージシャンがたくさんいます。
というか、
自分の音楽を表現するのにプロもアマもない
と、自分の師匠に言われたことあまりした。

まあ、そういうことなんですね。

とりあえず、トラックは完成して投稿しましたので、明日は予定どおり「弾き語りのための転調」を書きたいと思っています。

それにしても、ふっと
フォロの数を増やしても、あまり意味がないのではないか
…とそんな感じがしてきました。
そう、別にフォローの数を増やすためにnanaをやっているのではなく、自分の音楽をアウトプットしたいだけなんですね。
今回、トラックを作っていて、少し頭を冷やさなければと、我に返りました。

ちょっと迷子になってますね。(^_^;)
まあ、急ぐ旅ではないので、少し迷子になりながら、のんびりとやります。

それでは、また…

今日は、昨日の出張疲れで体か重かったのに、午前中に買い物に出ようとしたら、雪が…(^_^;)
image
昨夜帰って来た時は全然降ってなかったのに、疲れた体にむち打って除雪をしました。(´_`。)グスン

そんなことで、今日は、夕方までnanaも開かないでのんびり体を休めていたのですが、夕方nana開くと通知がたくさんで、先に今日の投稿をして、それが終わったら聴きnanaをする予定でした。

今日の投稿は、「3月9日」のオリジナルキーと女性、それと友人からいただいたリクエストの計3曲を投稿し、ついでに弾き語りもしました。

投稿が終わって、さあ聴きnanaしようと見たら通知が…あらら(^_^;)
image
とりあえず、この記事を更新したら少しずつ聴きます。

さて、今日投稿した「3月9日」ですが、オリジナルキーの方は、以前にドラムの打ち込みとベースを録音していた音源があったので、それにギターを録音してミックスしました。

そして、どうせならと思って女性キーも作りました。
女性キーの方は、オリジナルキーのドラムだけを生かして、ベースを打ち込み、ギターを録音しました。
この曲は、以前ライブでアコギの弾き語りをした曲だったので、ギターは1発テイクで終了しました。
オケ的には、スリーピースなのでミックスも苦労せずに終わり投稿しています。

ところで、この「3月9日」は、卒業ソングとして歌われているようですが、レミオロメンの藤巻さんは、友人の結婚式に贈るために作った曲だそうです。
詞もそんな内容なのですが、なぜ卒業ソングになったのでしょうね。
不思議です。

もう一つ、私は、この曲には思い出があって、私がまだ東京に住んでいた一昨年の3月に、湘南の稲村ヶ崎海岸で、うーさんの伴奏を使わせていただき、波の音入りで歌った曲でした。
その時の音源は、思い出のコラボなので、まだ消さないで残しているはずですが…
そんな思い出の曲を今回は、バンド構成の伴奏で投稿してみました。

多分、今年も3月9日には、自分の伴奏ではなく、うーさんの伴奏で歌うと思います。
その練習で今日弾き語りしてみましたが、もっと練習が必要みたいですね。(^_^;)


次に友人からのリクエストで中森明菜の「LIAR」は、ネットにコードがなかったので、耳コピしました。
以前から弾きたいなと思っていたのですが、なかなか耳コピーに踏み切れずにいて、今回は良いきっかけになりました。

ちょっと聴いたところでは、ところどころメジャーセブン系のテンションコードやオンコードもありそうで、何カ所かは力技で、エイっと弾きました。(^_^;)
多分、100%ではありませんが、構成音的には8割以上合っているので歌うことができると思い投稿しています。
友人からは、先ほどバッチリとのメッセージをもらって一安心です。(^_^)

そんなことで、この辺で少し聴きnanaをしておかないと、1000越えをしそうな勢いなので、そろそろこのへんで。

それでは、また…

先ほど、nanaCASを見ました。
バックバンドの
ベースのうーさん、キーボードのshinbambiさん、アコギのERI ROCKさん
は、素敵でしたね。
普段、一緒にやっていないメンバーで合わせるって、なかなか大変ですよね。
おまけにボーカルとも合わせなければならないですからね。
お疲れ様でした。

nanaでは、良く、伴奏ズとか伴奏隊とか呼びますが、バンドに名前が付いている場合は別ですが、それぞれの演奏者をひとくくりにするのは、私的にどうかと思っています。
なにか、カラオケ扱いされているようで…
今日も、ベース、キーボード、アコギにボーカルが一つになって音楽です。
つまりボーカルも楽器の一つと言うことです。

ボーカルが入れば、当然歌がメインになりますが、歌だけではなく、バックの楽器の音も聴いて欲しいですね。


話は変わって、最近の話題では、nanaは1日1万曲というか、1万の投稿があるとのことです。
そして、ほとんどの方は伴奏のサウンドとのコラボですよね。

最近の伴奏は多彩で、ピアノ(シンセ)、ギターだけではなく、打ち込みのサウンド、中にはリズム、ギターなどを重ねだたバンドサウンドなどもあり、歌われる方は選択肢が多くなっていると思います。

ただ、カラオケ店内でカラオケを録音して投稿するとか、youtube等から無断で録音して投稿するとかは、著作権等の侵害に当たり、nana自体の規約にも違反するので注意が必要ですね。
カラオケ店で歌ったものを録音して投稿するのもダメです。
そのような音源は投稿しない、使わないようにしなければなりません。


今日、nanaのCASでコメントを見ていると、今日の出演者のことを知らない方もいるみたいでしたが、実は、私も、3人の伴奏された方々は知っていますが、ボーカルの2名は知りませんでした。(^_^;)

1日100人くらいの方が、私の伴奏とコラボしていただいているのですが…
それだけ、nanaユーザーが増えたと言うことですよね。


さて、前置きが長くなってしまいましたが、今日は、

伴奏を投稿している私から見て、同じ伴奏を投稿しているお気に入りのユーザーさん

を何人か紹介したいと思います。


まず最初に、一番のお気に入りは、今日も出演していた
うーさん
http://hibari.nana-music.com/w/profile/1881/
です。

キーボード、ギター、ベースなどマルチプレイヤーで、midiの打ち込みで曲も作る方で、私から見て音楽センスはとても素晴らしいです。

実は、私はリアルでも友人付き合いさせていただいていて、音楽センスだけでなく、人間的にも素敵な方です。


次に、ピアノの伴奏を投稿されている方ですが、
今日出演していた、shinbambiさん、ゆきのさん、ましやさん、ゆきがやさん、ともこさん…う~ン、たくさんいますね。
皆さん素敵なプレイヤーです。

そのなかでも、最近のお気に入りなのは、投稿されている選曲のセンスが私好みである
ぶる~さん
http://hibari.nana-music.com/w/profile/45172/
です。

私も、時々弾き語りをしますが、ぶる~さんのピアノを聴くと、つい歌いたくなっちゃいます。(^_^)


次に、ギターの伴奏を投稿されている方ですが、
なんといっても 弾き語りおやじ…ではなくて…(^_^;)

たくさん素敵なプレイヤーがいます。
今日、出演していたERI ROCKさんや、とても格好いいギターを弾くアコさん(acousticele7さん)、みっどないとさん、グッドフラットさん、nanaフェスに出演していた樋口さんも素敵ですね。

そう言えば、今名前を思い出せませんが、やたら格好いいギターを弾くユーザーさんが出てきましたね。
今後が楽しみです。

ギターリストの皆さん全て素敵ですが、その中でも最近お気に入りは、
グッドフラットさん
http://hibari.nana-music.com/w/profile/196085/
かな…

とても暖かな音色のギターを弾かれる方です。
伴奏投稿マシンになっていないところも良いですね。

私もnanaが始まったころは、伴奏が少なくて、とにかく伴奏投稿マシンのように、手当たり次第に伴奏を投稿していきました。
今大体400曲くらいありますが、中には、う~ん、投稿しない方が良かったかな、削除したいな~というのもあります。
なので最近は、本当に自分で「好きな曲だから弾きたいな~」と思う曲しか投稿しないようにしています。


バンドサウンドはなんといっても、
chad matsuさん、Eichi Gohohさん、みっどないとさんのユニットのサウンドが好きです。
今も、このサウンドを聴いて、「う~ん、マンダム」(死語)と唸ってしまいました。(^_^;)

http://hibari.nana-music.com/wp/h6JBKvKQce/


他にもたくさんの素敵な伴奏を投稿されているユーザーさんがいますが、名前を挙げるときりがないので、今日はこの辺にしておきます。

中には、先ほどと同じように、皆知らないな~という方もいるかもしれませんが、私個人的な好みですが、是非、ここに名前を挙げたユーザーさんの伴奏を聴いてみてください。

それではまた。


みなさん、お久しぶりです。
10日ぶりの更新となりました。
実は、先週から今週にかけて自宅に帰っていました。
北海道はやっぱり雪も多いし、寒さもラベルが違っていました。(^_^;)

さて最近、私が投稿した男性曲を女性の方が歌っていただいていることに気付きました。
ところが男性用だとキーが合わなくて、低い声で歌ったり、オークタープ上の高い声で歌ったりと、苦労されていました。
せっかく、自分の伴奏を使ってもらっているのにどうしたらと考えましたが、答えは簡単で、私が女性用にギターを弾き直せば良いだけでした。
色々な、アーティストのカバーを聴くと、大体3つくらい上げていましたので、リクエストがない限りは3つ上げの転調をして弾くことにしました。
そして、昨日スピッツのロビンソンを投稿したところ、早速何人かの方にコラボしていただけました。

今まであまり考えなかったことですが、自分の伴奏で歌ってもらうためには、ちょっとした気遣いが必要なんだな~とあらためて思った次第です。
これから伴奏を投稿する時は、余裕があればオリジナルと女性用と2曲アップしたいと思います。


今日は、そのロビンソンの女性カバーから素敵な1曲をピックアップしてみました。

http://hibari.nana-music.com/wp/G4WP447GJN/

ぐらたんさんの英詞のロビンソンです。
素敵ですね~。

もし、あの曲のキーを変えて欲しいという希望がありましたら、その曲のコメント欄にいくつ上げてとか下げてというリクエストをコメントしていただければ、出来る限り転調したギター伴奏を投稿したいと思っていますので、遠慮なくリクエストを下さい。
お待ちしております。(^_^)



↑このページのトップヘ